日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 南阿蘇鉄道復旧見込み

<<   作成日時 : 2016/04/26 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

熊本地震で被害を受けて不通となっている南阿蘇鉄道は、全線復旧に1年以上を要し、復旧費用は30億円から50億円だそうです。これは大きな被害になりましたね。

事前に聞いていた状況から推定すると、やはり高森側は被害は少なそうに思われたので、暫定で部分復旧するかなと思っていました。問題は立野側で、はっきりわかっている限りで、立野橋梁の周辺で土砂の崩落が起きているという話でした。ここの復旧に要する程度がどれくらいか、というところが気になっていました。ただ、一番大きな構造物と言ってよい第一白川橋梁は、見た感じでは大した被害ではなさそう、と伝わっていました。

今回のこの記事によれば、立野橋梁や第一白川橋梁も線路が歪む被害が出ていたようですね。線路が歪んでも、橋を修正せずに直せるなら大きな費用にはならないのでしょうけれど、この記事の説明の感じだと、橋そのものにかなり手を入れなければならないようですね。修復だと総復旧費が30億円、架け替えだと総復旧費が50億円、ということは、架け替え単体では20億円くらいの工費になるのでしょうか。やるとなれば、大変な大工事になりそうです。

代行バスを用意するそうですけど、これも大変な道です。阿蘇大橋は崩落してしまいましたし、長陽大橋も使える状況ではありません。対岸の県道もトンネルが被害を受けていますから、阿蘇南部から南阿蘇鉄道に沿って外に出る道が無いんですよね。一体どういうルートで代行バスを設定できるだろうか、と思います。JR九州の豊肥本線も、今のところ東側から宮地までしか代行バスが設定されていません。

このまま廃止になってもおかしくない大被害ですね。高森線と手を結ぶはずだった高千穂鉄道も、台風の被害で復旧できないまま廃止になってしまいましたから、こちらももう厳しいかな、と思ってしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南阿蘇鉄道復旧見込み 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる