日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨーク最終日

<<   作成日時 : 2016/05/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回のニューヨーク滞在の最終の日です。出国自体は明日ですが。

朝、直接客先のビルに向かおうと、待ち合わせの時刻までの所要時間から計算してホテルを出発したのですが、いつも乗っているフラッシング線の列車(7系統)が今日はかなり所要時間がかかってしまいました。急行線と緩行線が合流する地点の手前で機外停止していたので、合流待ちなのでしょうか。フラッシング線は、クイーンズボロ・プラザ駅より東側が3線になっており、中央の急行線で朝ラッシュ時は都心方面行、夕ラッシュ時は郊外方面行の急行列車を運転しています。ピーク輸送方向に2本の線路を使えるのですけど、終点についた列車を折り返すのには線路を1本しか使えないことを考えると、実質的な輸送力は複線と変わらないわけで、単に速達サービスのためだけに線路を1本増やしているという、日本では考えられないリッチな設備です。クイーンズボロ・プラザ駅で3線から通常の複線に戻るのは、結局都心側ではやはり用地難があり建設費が高いことや、どの駅も乗降需要が大きくて結局各駅に止まらなければならないからではないかと推測します。おかげで、この駅の手前で合流待ちが発生するわけです。

フラッシング線の郊外区間は高架であり、クイーンズボロ・プラザ駅手前はアムトラックのサニーサイド・ヤードの上を横断していきます。ヤードのほうを見ていると、アムトラックの機関車や客車が並んでいて見るのが楽しいです。ロングアイランド鉄道の列車もここを通過していきます。旧ペンシルバニア鉄道方式の、灯列式信号機を縦に2個並べた方式の信号機が設置されており、こういうものも写真に撮りたいですね。なかなか機会がないのですが。またクイーンズボロ・プラザ駅で同一ホーム乗換ができるアストリア線の高架が接近してくるのですけど、明らかにかつて線路を敷いていたと思われる別の高架構造が付随していて面白いです。現在はトンネルでイースト川をくぐりますけど、かつては2番街高架鉄道とつながる高架線もあって、その関係でクイーンズボロ・プラザ駅は今よりずっと大きな4面8線の2層高架駅だったと聞きます。そのあたりの高架構造の名残なんでしょうね。

しかしかなり遅れてしまい、次の路線に乗り換えた時にはもう間に合わないと、あわてて同僚に電話したものの出てもらえず、結局客先に5分以上遅れて駆けつける羽目になってしまいました。かなり焦りました。

昼まで打ち合わせをして、これでお役御免。オフィスに戻ると、出張報告をメールで上司や同僚に飛ばして、これでもう本当にやる仕事はなくなり、のんびり文献に目を通していました。今回の出張先で一緒に仕事をした同僚は、今日の夕方の便で帰国するということで、早めにオフィスを引き上げていったので、こちらも手持ち無沙汰な感じで、定時退社しました。やっと時間的な余裕を得られたので、土産物などを物色してからホテルに戻り、明日の帰国に備えて荷物を準備。短期間の滞在でしたけど、疲れました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨーク最終日 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる