日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸新幹線ルート比較

<<   作成日時 : 2016/09/24 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北陸新幹線のルート案について、またぞろ話題が出ています。滋賀県が独自の試算をして、米原ルートの優位性をアピールしたようです。

米原ルートは確かに建設費が安いので、費用便益比を出すと、有利になりやすいんですよね。分母が小さいのですから。小浜京都ルートについて、1兆円をかなり上回る建設費を推定しているようですけど、京都を経由しない小浜ルートの段階で公式推定は1兆円を下回っていたはずなので、昨今の建設費用高騰を反映したとして、京都経由ルートにしてもそこまで上がるだろうか、というところもあります。舞鶴ルートはあらゆる意味で論外ですのでここではパスします。

利用客が米原ルートで一番多い試算になっています。これは結局、対名古屋需要が見込めるということで計算したのでしょうね。その需要をカバーできないところが、小浜京都ルートの弱いところです。一方で、米原での東海道新幹線への乗り入れが、米原ルート案のキーになるはずなのですが、どこまで考慮したのだろうかというところがあります。米原で乗換となれば、便益が一気に下がります。

リニアが開通すれば空く、ということを言う人もいますが、現状の予定で2037年です。まだこれから20年もかけて北陸新幹線を関西まで伸ばすのか、という感がします。また、仮にリニアが開通したとしても、それで空いた分の従来の新幹線の容量は、多彩な割引きっぷの設定や沿線のローカル輸送への充当などを通じて使い切ろうとするでしょうから、1時間に3本は設定したい北陸新幹線直通にどこまで回してくれるのか、というところがあります。

滋賀県の試算なので米原ルートに有利になるようにできている面はあるのでしょうけれど、このあたりどうなるのか、詳細な資料を見てみたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北陸新幹線ルート比較 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる