日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 単線新幹線の議論

<<   作成日時 : 2016/10/31 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

鳥取出身の石破茂議員が、山陰新幹線に関する件を講演で話していたようです。

石破議員は鉄道ファンであることで有名ですけど、舞鶴ルートを推しているんですね。ちょっと見る目があるファンであれば、舞鶴ルートなんて論外であることは容易にわかるものだと思うのですが。こんなルートで推進されると、迷惑千万です。

単線の新幹線を提案していますけど、さすがにどうなんでしょうかね。1時間に1本の列車運行に限定するとしても、走っている限りにおいて30分に一度は対向列車と出会います。その間隔で交換駅を配置しなければならず、その入口の分岐器は高速分岐器を設置したとしても、毎回160km/h制限を受けることになるのではないでしょうか。通過列車だけ直線分岐側に通過させて、速度制限を受けないで済ませる一線スルー方式もありえますが、ダイヤの設定が非常に硬直的になりますし、ダイヤ乱れ時の運転整理で、さらに遅れが重層的に拡大していくことになりそうです。対策しようと思えば、かなりの駅に交換設備を設置しなければならないでしょう。

トンネルが大きな問題で、現状新幹線は複線断面のトンネルを掘っていますけど、単線のトンネルにすると著しく走行抵抗が上昇するので、単線にしてはかなりの大断面トンネルを掘らなければならないように思います。そうなれば、トンネルの建設費がかなり上昇し、コストメリットがかなり落ちますね。

専門家の試算を見てみたいものです。単線新幹線は、さすがに不味そうに私には思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
単線で済む程度の輸送量なら、車両限界も在来線(ミニ新幹線)準拠で考えているのではないでしょうか。
トンネルそのものは新幹線片線分の断面だと仮定しますが。
なんと言いましょう、「ミニ断面フル規格」?
当該区間でも200km/h程度は出すけれど、本物のフル規格が12〜16両で高頻度運転する必要はない、という中間的な規格を想定しているように思えます。
ほくほく線が非電化用から少し拡大した直流電化単線トンネルで160km/h運転をしていましたから、交流電化の断面であれば断面の余裕はあるかと思います。
まあ、舞鶴ルートは論外だと思いますが、ミニ新幹線なみの車体だと、東海道へ入れない、ということもひょっとしたら計算の中に入っているのかもしれません。
たづ
2016/11/01 19:03
断面縮小するんですか、なるほど。
それでどれくらいコストが縮減するのか、これまた詳しい試算が必要ですね。
Tamon
2016/11/02 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
単線新幹線の議論 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる