日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖若狭湾快速鉄道見送りの公算

<<   作成日時 : 2016/12/21 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

北陸新幹線が小浜京都ルートにほぼ決まったことを受けて、小浜市長が琵琶湖若狭湾快速鉄道の運動を終了する可能性を示唆したそうです。まあ確かにねぇ。

この記事でも多少触れていますが、小浜線上中駅と湖西線の近江今津駅を結ぶ鉄道の構想ですね。小浜は京都や大阪へ出るのに大きな遠回りの経路しかありませんので、こういう構想が出てきました。かつて、滋賀県の私鉄江若鉄道が計画していた経路であり、現在はJRバス若江線が運行されています。若江線を使うと、いくらか早く京都に出られます。

19.8kmの距離で概算工事費424億円は、キロメートル単価20億円ちょっとであり、単線の在来鉄道を造るとして、このくらいであろうか、と思われます。どの程度の規格で造るかにも依存しますが。安い金額ではないですが、地元が既に80億円も積み立てているというのは凄い話です。しかしこの積み立てペースで何とかなるものでもないように思いますけどね。

北陸新幹線がこのあたりに駅を造れば、圧倒的な速さで京都や大阪に出られることになるので、確かにこの路線は不要です。実際のところ、在来線鉄道でつないだからと言ってどの程度の利用があるのか、という話です。新幹線ならその圧倒的な速度ゆえに、ある程度の利用があるでしょう。路線中間の需要はどうかと言えば、これは大した集落もないので気にしなくて大丈夫でしょう。滋賀県側からすれば、あまり移動の需要のある方向ではないでしょうしね。

したがって、積立済みの80億円を、北陸新幹線整備の地元負担分に充ててしまえばよいのではないか、と思うところです。整備新幹線の地元負担分が県が担当するなら、地元自治体が積み立てているものを使うわけにはいかないのでしょうけど、果たしてこのあたりの負担構造がどうなっているのかはよくわからないですね。

まあとにかく早く財源を増やして工事して欲しいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私個人としては、江若鉄道の志を継いで完成させてほしかったのですがね(笑)。滋賀方面からのアクセスの悪さが変わらずですし。事此処に至ってはといった様相ですね。
新山
2016/12/22 09:46
滋賀から若狭方面へ行く需要がどれだけあるか、ということなんですよね。若狭側の意向も結局、京都大阪への時間短縮だったでしょうし。
Tamon
2016/12/23 02:47
今まで鉄道線の無かった地域に新線開業して、「鉄道を守るために村の皆さん1日に1回乗車しましょう」なんてPRを村役場の人が言い出す感じになりそうですね。

昔の鉄道黎明期はまともな道や自動車がなかったため移動手段として鉄道を求めたんですが、今みたいな道路網&一家に数台の車を持つ今の世では新幹線みたいなインパクトのあるもの以外の下手な鉄道新線開業ははっきり言ってお金の無駄遣いになりかねないですね。
とうこ
2016/12/23 15:27
鉄道は都市間輸送手段としてしか、もはや意味がないのですよね、残念ながら。
それでも、広範囲に鉄道利用の可能性を維持している新快速の速達性などは素晴らしいと思います。
Tamon
2016/12/24 00:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
琵琶湖若狭湾快速鉄道見送りの公算 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる