日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 挙式

<<   作成日時 : 2017/01/29 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今朝は朝早く起きて、ホテルの食堂が開くと同時に入って手早く食べて、荷物を抱えて宴席の会場へ向かいました。今回、着付けをここの控室でやるということになっていたのです。そのために、朝早くから開けてもらったようで、ありがたいことです。

やはり着付けは女性のほうがはるかに大変で、真っ先に女性の側からメイクや着付けの作業が始まりました。1人の美容師の方で、実に手際よくやっていくので、プロはさすがです。私の方は、1時間くらい経ってからちょっとした作業であっという間に袴を着ました。やはり男性は単純です。

この料亭の庭を借りて、撮影を行いました。朝なのでとても寒いです。

そして9時半ころ、専用のタクシーで会場の神社へ向かいました。花嫁の綿帽子を潰さないように、セダンタイプのタクシーの屋根が開くようになっており、いったん中に座ってから慎重に屋根を閉じるようになっています。今だと、背の高いワゴンタイプの車両を使うことも多いようなのですけど。

神社へは、家族は別途やってきていて、控室で待っていました。我々は先に周辺での撮影をするということで、カメラマンの求めるポーズなどを取って周辺で撮影をして回りました。控室に戻り、神社側から最終的な式の予定などの説明を受け、時間になると巫女さん先導で式場へ向かいました。大勢の観光客の中ですので、非常に目立ちます。

式場内では、伝統的な形式で誓詞の読み上げや盃の交換などが行われました。私は酒は苦手なので、ほとんど飲むふりです。誓詞は間違いなくきれいに読み上げできたのですが、誓詞を包み紙に包むところが手が震えてうまくできませんでした。

外へ出てきて、家族並んで記念写真を撮影しました。妻の甥っ子が泣き出してなかなか泣き止まず、時間がかかってしまいました。それを終えると、みんなでタクシーに乗って宴席の会場へ向かいました。

妻はお色直しでいったん控室へ向かい、それを終えてまた出てきて会場へ入りました。といっても、家族だけですので簡単なものですし、いろいろな挨拶が延々と続くということもありません。15時くらいまでかけてゆっくりと宴席を楽しみ、解散となりました。私の家族は17時半ころの飛行機だったのでかなり急いで戻り、妻の家族の順次帰っていきました。

我々は止まっていたホテルに戻り、一息つきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
挙式 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる