日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 三江線旅行2日目

<<   作成日時 : 2017/08/11 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝、潮の宿を出発しました。早い列車なのでそれほど利用客はいないであろうと予想していたのに、意外にも結構な利用客がいました。

やはり三江線は、公団線区間とその前後の国鉄施工区間の大きな落差が目立ちますね。とはいえ、全線が公団線と同じ規格であったなら三江線がどうにかなったかといえば、そうではないでしょうね。三次と江津を結ぶ、という時点でかなり中途半端な性格なのです。江津は、そのためにわざわざ陰陽連絡線が必要かというと、微妙な規模の都市です。浜田ならまだしもですが、浜田は可部線の延長で接続する計画がありましたからね。もし本当にこうした予定線が完成していたなら、広島と浜田の間はそちら経由の方が所要時間が短かったでしょうし、下手すると江津へも浜田経由の方が速くなりかねません。三江線には、単に江の川に沿って鉄道を敷設できそうだったから敷設した、以上の理由がなく、どこかを結ぼう、短絡しようという目的では、最初から意味が薄い路線であったと言わざるを得ません。これと並ぶのは、倉吉線でしょうね。中国勝山とつながる計画でしたが、そこからでは更に津山に出て、岡山へ出ることになるので、大迂回であり、完成したとしても意味が薄かったでしょう。

三次では、すぐの連絡で広島行きの芸備線の普通列車があるものの、これは見送って駅前をゆっくり歩いて見て回りました。時間にまだ余裕があったため、その後の快速みよしライナーで甲立まで往復しました。甲立も地元が造ったコミュニティ施設のような建物になっていて、そこの窓口で委託で乗車券を発売しているようです。

三次から芸備線の奥の方(といっても線路名称上は起点側ですが)へ進みます。今日は臨時列車の運転日でしたので、11時30分の列車に乗って備後庄原へ移動し、町を歩いて食堂で昼食をとりました。庄原も、広島県北部の市である程度の市街地があるのですけど、もはや鉄道の利用客は少なく、駅は寂れていました。それでも有人駅であったのには驚きます。以前このあたりの路線を乗車した頃は、急行「たいしゃく」がここまで走っていましたね。

備後庄原からさらに進み、備後落合で乗換です。木次線が分岐する山間の拠点駅ですが、やってくる列車も利用客も壮絶に少なく、がらんとした感じの場所になってしまっています。かつては機関区が置かれて大勢の国鉄職員が住み、賑わっていた場所なのだそうですが。私がやってきた時間帯は、ちょうど3方向から一斉に列車が集まって、相互の乗換を済ませると、折り返していくという、一番賑わう時間帯であり、今日ばかりは多くの人で賑わっていました。

備後落合から先に新見方面のうち、東城-備後落合間は、JR西日本ウェブサイト掲載の運輸密度が驚異の8人/日という超閑散区間です。列車本数ももっとも少なくなりますが、今日は18きっぷ客が来ているためか、この1列車だけで軽々倍以上の人数を運んでいます。

昨日、たまたま石見川本の食堂で隣に座って、列車内でも隣に座ったおじいさんと少し話をしたのですが、なんとここで再び遭遇しました。出雲市を回ってきたのだそうで、こういうこともあるものです。ここからしばらく一緒に旅をすることになりました。

東城駅は、芸備線で広島県内最後の駅で、新見側からここで折り返す列車もある、ある程度の拠点です。1999年にここへ早朝の列車でやってきて、しばらく停車時間があって駅前をうろうろした覚えがあります。それから18年ぶりの訪問ですが、あの当時はまだあった2番線が撤去されており、跨線橋は老朽化により閉鎖、当時は有人だった駅窓口も閉鎖されていて、さらに寂れていました。

全体に寂れた感じのある路線ですが、沿線の農村は、少なくとも車窓からの見た目では綺麗な家が立ち並び、田畑も綺麗に整えられていて、気持ちのいい風景が続きます。

備中神代で伯備線に合流し、芸備線側からの列車ですのできちんと布原にも停車して、新見にたどり着きました。ここでしばらく待ち時間があるので、駅前広場に出るなどしばらく休憩します。

接続の伯備線普通列車は、対向列車の遅れの影響を被り出発がかなり遅れました。その後回復を図るものの、総社で吉備線への連絡が、本来1分しかないものだったため危ぶまれました。しかし吉備線の列車を待たせていたため何とか接続し、吉備線へ乗り換えることができました。そのまま乗っていた方が岡山へは早く着くのですが、たまには吉備線に回りたくなります。こちらの列車が遅れたため、対向列車を軒並み待たせて走り、岡山へはほぼ遅れを回復して到着しました。

ここで、あくまで在来線を移動するという同行の方たちと別れ、駅の窓口で自由席の新幹線特急券・乗車券を購入して、相生まで「こだま」で移動しました。帰省ラッシュが始まっていますが、逆方向ですし「こだま」なので、空いていました。それにしても、新幹線は速いですね。

相生駅まで、妻に迎えに来てもらい、妻の実家にお邪魔しました。これからしばらくこちらにお世話になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三江線旅行2日目 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる