日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 南阿蘇鉄道肥後大津乗り入れ案

<<   作成日時 : 2018/01/01 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年早々ですが、一昨年の熊本地震で被害を受けて、立野側が不通になったままの南阿蘇鉄道について、復旧後に肥後大津まで直通させようという提案が出ているようです。確かに直通できるようになるとだいぶ便利です。

南阿蘇鉄道がJRと接続する立野駅は、JRの豊肥本線としてはスイッチバック駅であり、その終端側に南阿蘇鉄道が接続しているという面白い構造です。かえって、南阿蘇鉄道へ直通する方がそのまままっすぐ前進する形なんですよね。今でも一応線路としてはつながっているはずなのですが、信号的にどうなっているのかはよくわかりません。

本来は、熊本まで直通できた方が便利なのですけれど、そうなるとだいぶ車両運用が増えてしまいますし、肥後大津より西はある程度輸送需要もあって電化されている区間ですから、三セク用の小型の車両が1両で走ると混雑の面で問題になるかもしれません。それを考えると、肥後大津で電車に乗り換えた方が良いということなのかもしれません。これでも従来からすると、立野と肥後大津の2回乗換が、1回の乗換に減らせます。

信号関連の整備に約5億円ほどかかる見込み、という報道でしたけれど、連動装置をいじってもそんなに費用が掛かるとは思えず、立野駅構内の配線変更など大規模なことを考えているのでしょうか。一方、JR側はどう反応を示すのでしょうね。JRとしては、車両使用料を南阿蘇鉄道に払わなければならなくなるので、輸送需要が十分見込めなければあまりうれしくない話でしょうけれど。そもそも、肥後大津-立野の復旧も未定なんですけどね。

まあ、三セクのてこ入れ策としてはありうる話ではあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新年あけましておめでとうございます
タイトルの「「南阿蘇鉄道肥後大津乗り入れ案」」の部分を見て関西の私は滋賀県の大津が頭に浮かび物凄い長大な計画だね〜〜と思ったのですが・・九州内の肥後大津だったんですね(苦笑)の初笑いさせていただきました。
とうこ
2018/01/03 06:53
おめでとうございます。さすがに滋賀県の大津は…(苦笑)。
Tamon
2018/01/03 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
南阿蘇鉄道肥後大津乗り入れ案 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる