アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「科学技術」のブログ記事

みんなの「科学技術」ブログ

タイトル 日 時
中国の強制技術移転問題
中国が外資を受け入れるときに、強制的に技術移転をさせているのではないかという記事が出ています。巨大市場に参入するために、ある程度の技術移転をしなければならなかったというのは事実だと思います。合弁企業の設立などもさせていましたしね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/03 13:00
圧縮着火
マツダが、2019年から次世代ガソリンエンジンを搭載した自動車を発売するようです。なんと、圧縮着火を実現するのだそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/08 13:00
3Dプリンター技術
航空機のエンジン部品を3Dプリンターを使って製作する話が出ています。最近いろいろ話題になっている技術ですが、航空機のエンジン部品に使えるところまで来ているのですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/14 13:00
博多駅前の工法選択理由
日経コンストラクションが、博多駅前陥没事故に関して、工法の選択理由に関して良い記事を書いてくれました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/14 13:00
長距離山岳トンネル用新工法
奥村組が長距離山岳トンネルの工期を削減できる工法を開発したそうです。ポイントは、伸縮できる自走式ベルトコンベアを使って、切羽のすぐそばまでベルトコンベアを伸ばして、ズリの運搬をショベルカーに頼る範囲を削減したことと、ベルトコンベアにズリを搭載する際に、岩石を適度な大きさに砕くクラッシャーの能率を上げたことにあるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/23 13:00
ハイパーループ
以前から少し話題になっている、テスラ・モーターズの創業者が提唱しているハイパーループという超高速鉄道の試験線建設が発表されたそうです。この構想、しばらく前から話が出ていますけど、いまいちよくわからないですね。試験線の建設まで進める段階ということは、かなり詳細な設計までできているということなのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/27 13:00
福島第一原発3号機内視鏡撮影
福島第一原発3号機の格納容器内を内視鏡で撮影したそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/20 13:00
フォルクスワーゲン排気ガス対策問題
この連休中に発覚した、フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン排気の詐欺問題が騒がれていますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/23 13:00
電気柵事故
伊豆の方で発生した、電気柵による死傷事故が問題になっていますね。問題の電気柵はどうやら自作のものだったようで、本来はパルス状に高い電圧を短時間だけ印加して、痛みを感じさせる程度のものなのに、商用電源から昇圧しただけでつないでいた、連続的に電流が流れるようなものだったようです。これでは完全に殺人電気柵ですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/22 13:00
リニアの問題点
Business Journalというウェブサイトで、リニア、語られない重大な懸念と、前代未聞の難工事 車内気圧変動とヘリウムショックという記事が出ています。書いた人は明示されず編集部とだけありますが、記者は超電導リニアのシステムについての理解が不十分なまま書いているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/28 13:00
九州電力の蓄電設備導入
九州電力が豊前発電所に巨大蓄電設備を導入する計画だそうです。5万kW/30万kW時とは巨大な蓄電池ですね…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/10 13:00
ミュー粒子を使った原子炉透視
福島第一原発の炉心溶融事故を起こした原子炉で、燃料デブリがどこにあるかを探るために、ミュー粒子を使った透視を試みるそうです。以前にもこんな話を聞いたことがあったような気がしますけど、東海第二原発で実験して成功した、と記事に書いてあるので、もしかしたらそのあたりを勘違いしたのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/09 13:00
プロフェッショナル 仕事の流儀
昨日の放送でしたが、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組を見ました。マツダのエンジン開発部隊の話が語られていて、開発の打ち合わせの様子などが放送されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/13 13:00
燃料電池自動車
トヨタ自動車が水素燃料で走る燃料電池自動車「ミライ」を発売するそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/20 13:00
巨大噴火
神戸大学の研究者が、日本列島における巨大噴火のリスクについて研究して、今後100年間で起きる確率を1パーセント前後と試算したようです。高いと見るべきか低いと見るべきか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/22 13:00
ロッキード・マーチンの核融合計画
アメリカの軍需関連メーカーとして知られるロッキード・マーチンが小型核融合炉を10年以内に実現すると発表したそうです。本当かよと言いたくなる話ですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/18 13:00
ヨーグルトの蓋
私はいつも朝食にヨーグルトを食べています。最近、ヨーグルトの蓋の裏側にヨーグルトが付着していることが無いなぁというのは気が付いていたのですけど、材料技術の改良で付着防止加工がされるようになったのだそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/16 13:00
オーストラリアへの潜水艦売却
日本の技術で造った潜水艦をオーストラリアへ輸出するという話が進んでいるようです。武器輸出をずっと禁止してきたので、潜水艦などというまともな正面装備を輸出するという話がこんなに早くまとまる方向になっているとはびっくりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/08 13:00
二酸化炭素回収貯留技術
政府が2020年頃の実用化を目指して、二酸化炭素回収貯留技術の研究を進めているそうです。化石燃料を燃やした後の二酸化炭素をそのまま大気中に排出してしまうと、地球温暖化を促進してしまうので、地下に貯めてしまおうという技術ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/07 13:00
東京電力の新火力発電所
東京電力が川崎火力発電所に新たな廃熱回収ボイラーを取り付けて、熱効率が61パーセントになるそうです。これは凄いですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/21 13:00
エボラ出血熱
西アフリカでのエボラ出血熱の流行が深刻なことになっているようですね。ほんのわずかなウイルスが侵入しただけで感染してしまう、致死率が極めて高い、ということで恐れられています。本来、宿主をあっという間に殺してしまうと、ウイルスも増殖ができなくて不利のはずなのですが、こんなに凶悪なのは、おそらく本来の宿主は他にあって、人間は本来の対象ではないのだろう、という話がありますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 13:00
Cubic Earth
地球がもし立方体だったら、というCubic Earthという想定をして、映像にまとめてみたというものがあるそうです。日本科学協会が試みにやってみたものだそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/28 13:00
マツダ SKYACTIV-D
マツダが開発した新型ディーゼルエンジン、SKYACTIV-Dの特徴を解説した記事を読みました。これは面白いですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/06 13:00
トヨタの燃料電池車
トヨタが燃料電池車を今年中に発売する予定だそうです。トヨタはハイブリッドの話ばかりだったように思いましたけど、さすがにあれだけの大企業だと、いろいろな技術を同時並行で研究しているわけですよね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/05 13:00
NHKスペシャル メルトダウン File.4 放射能"大量放出"の真相
3月17日に放送されたNHKスペシャルを録画してあり、ようやく今日見ることができました。なかなか手が付いていませんでした。福島第一原発事故の際に、放射性物質がどのように漏洩したかを検討した番組です。福島第一原発事故関連ではさらにもう1件録画してあるのですが、まだ見ることができていないです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/26 13:00
カラスの巣問題
カラスの巣による停電事故の話題が出ています。確かに、カラスはいろいろな材料を集めてきて巣を作り、その際に金属製のハンガーなどを持ち込むことがあるので、停電事故を引き起こしやすいと聞いたことがあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/21 13:00
リニア技術の提供
安倍首相が、リニア技術をアメリカに無償で提供することを表明する、というニュースが出ていますね。こういうことをJR東海の了承なしに言うとは思えないので、JR東海も了承している話なのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/13 13:00
STAP細胞問題
大発見として騒がれていた、刺激惹起多能性細胞(STAP細胞)ですが、残念なことになりそうですね。共著者の1人から論文取り下げの提案が出ていて、理研でも検討中だそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/10 13:00
シダトレン
このほど、鳥居薬品が「シダトレン」というスギ花粉症用舌下免疫療法(減感作療法)の薬品の承認を受けたそうです。つまり、飲み薬でスギ花粉症を治せる可能性のある薬品が、まもなく発売開始されるということです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/03 13:00
ブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故の原因確定
2013年7月12日にフランスで特急列車が脱線し4人が死亡したブレティニ・スール・オルジュ駅脱線事故について、当初から言われていたように、ポイントの継ぎ目板が脱落してフランジウェイを支障していたところに車輪が乗り上げたことが原因と確定したようです。継ぎ目板の脱落は、クロッシング部分の鋳鉄が応力割れを起こしたことによって、ボルトに負荷がかかり、先端部が脱落したりつなぎとめる力を失ったりしたことによるようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/10 13:00
円弧動エンジン
円弧動エンジンなるものが提案されているそうです。ガソリンエンジンの一種ですが、こちらにGIFアニメで動きが公開されています。見ていて実に奇妙な動きに見えますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/11 13:00
福島第一1号機の漏水箇所初確認
福島第一原発1号機の調査で、格納容器からの漏水箇所が初めて見つかったそうです。毎時1シーベルト近い強い放射線量なので、人間が近づいて調査することはとてもできず、遠隔で探していたためにこれだけ時間がかかったのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/13 13:00
自動ブレーキ失敗
マツダの自動ブレーキ搭載車のデモをしていた車がうまく減速せずに、フェンスに突っ込んで搭乗者がけがをする事故が発生したそうです。スバルが大々的にアイサイトを宣伝するようになって以来、自動ブレーキ技術は自動車業界で大流行という感じですが、ここでこの手の事故をやらかしてしまうと、マツダの技術にとっては大きなイメージダウンですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/11 13:00
福島第一4号機燃料プールからの燃料搬出作業
事故を起こした福島第一原発のうち、4号機の使用済み燃料プールからの燃料搬出作業が進められています。NHKで作業の解説番組が放送されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/04 13:00
心臓病
昨日録画で見た「病の起源 第3集 うつ病」に続いて、今日放送された「病の起源 第4集 心臓病」を見ました。心筋梗塞が代表例ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/27 13:00
うつ病
先週放送された、NHKスペシャルの「病の起源 第3集 うつ病」を録画していて、今日ようやく見ることができました。まあ他に金曜日に放送された「白熱教室 第4回 数学が教える“知の限界”」とかも見ていたのですけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/26 13:00
事故防止技術
今日の21時のNHKニュースで、軽自動車の話を取り上げていました。大きく高価な車から導入が始まったように思われた、前方に障害物があると自動的にブレーキを掛ける技術は、もはや軽自動車でもかなり装備が進んでいるようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/20 13:00
東電がシェールガス輸入
東京電力がシェールガスの輸入を計画しているという報道が流れていますね。確かにアメリカのシェールガスは非常に安いのですけど、まだアメリカ側で規制が掛かっていて、FTAが結ばれていない国への輸出は承認されていないと聞いているのですが、そのあたりはどうなっているのでしょうか。今後認めてもらうように手はずを整えているのでしょうかね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/06 13:00
ヘリウム供給不足
アメリカのガス田での生産設備のトラブルの影響で、ヘリウムガスの供給量が全世界的に減少していて困っているようです。こんなことがあるものですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/24 13:00
敦賀原発の活断層
敦賀原発2号機の下を通っている断層が活断層だとの見解を原子力規制委員会が示したそうで、これでほぼ2号機の廃炉が確定したようです。1号機は日本でも最古クラスの実用原子炉なのでもう廃炉になっても仕方がないと、運営者側の日本原電も思えるでしょうが、2号機は1987年稼働で25年ですからね。まだまだ使うつもりでいたでしょうから、衝撃が大きいのではないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/10 13:00
ゼンリンの地図作成作業
ゼンリンの地図作成作業の取材記事が出ていました。これはなかなか面白いですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 13:00
放射線の免疫
一度低線量の放射線を浴びると、次に強い放射線を浴びた時に受ける影響が減るという免疫のような現象があるそうです。こんなことがあるんですね。一酸化窒素が影響しているらしいとのことですが、何のためにこういう機構が生体に用意されているのか不思議な感じがします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/03 13:00
制御工学
仕事で引き続き、とあるシミュレータを製作しているわけなのですが、その中で目標値に制御変数を追従させる処理が必要になりました。最初は、グラフを手で紙の上に描きながら考えて、ぴったり一致させるうまい解析的なアルゴリズムはなさそうだと判断し、数値計算を繰り返して収束させていくような方法を採用したものの、収束性がとても悪く振動的な解が出てくる上に、計算に非常に時間を要して困っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/22 13:00
113番元素
理研が研究していた113番元素の発見がほぼ確実になったそうで、日本が初めて命名する元素になりそうだと話題になっていますね。過去にも75番元素のレニウムを日本人科学者が発見しておきながら、誤って43番元素のテクネチウムだと思って発表したためにふいになったという話があったのですが。その時にはニッポニウム(Np)という元素名が提案されていて、正しくレニウムの方で発表していればレニウムはニッポニウムという名前だったかもしれない、という話があります。レニウムは天然元素で鉱業的に生産されるものですから、寿命... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/27 13:00
原発ゼロ決定
2030年代に原発をゼロにするという新エネルギー政策が決まったそうです。それまでは原発を使うとも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/14 13:00
浜岡5号機の海水流入問題
菅首相(当時)の要請を受けて運転が停止された、中部電力浜岡原子力発電所の5号機で、運転停止時に復水器の配管が破損して海水が流入した事故がありましたが、それによって腐食している機器が多数見つかったそうです。運転を停止する操作は、日常的に定期検査開始時にはやることのはずなのに、なぜ今回だけ復水器の破損事故があったのか謎ですが、それにもまして、海水が流入したからと言ってそんなに簡単に腐食が起きるものだろうかというところも不思議です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/25 13:00
免震事務棟
関西電力が福井県の3つの原子力発電所に整備を予定している免震事務棟の概要が発表されたそうです。地上8階建てとは、また巨大なものを造るものですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 13:00
酒で煮て超伝導物質
少し前に、特定の化合物をワインやビールなどで煮ると、なぜか超伝導物質になるということが発見されて話題になっていましたけど、原因が特定されたそうです。クエン酸で鉄イオンが一部溶けだして超伝導物質になるのだそうで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/16 13:00
エネルギー政策意見公聴会
さいたまで、原発事故後のエネルギー政策に関する公聴会が開かれたそうです。この時期に開くので、もっと反原発色一色になるかと思ったのですが、意外にも発言した9人のうち5人が原発存続派、4人が原発廃止派だったようです。抽選で発言者を選んだとありますが、そもそも会場に来る人を集める段階で何か作為的なことをやっていないだろうな、と思ってしまいます。少なくともメディアの実施する世論調査では、廃止派の方が多かったような。まあ、たった9人発言しただけなので、5人対4人は世論調査の結果ともさほど矛盾しない、統計的... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/14 13:00
シェールオイル
秋田県でシェールオイルの試験採掘を開始するそうです。また海上の難しいところにあるのかと思ったら、意外にも内陸だそうで。最近日本周辺での資源採掘の動きが活発になってきましたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/06 13:00
ヒッグス粒子
ヒッグス粒子らしきものが見つかったとの発表があったようですね。夜のNHKのニュースでもかなりの時間を割いて取り上げていました。しかしほとんどの人には何のことやらさっぱりわからないものなんでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/04 13:00
佐渡沖で石油・天然ガスの試掘予定
JXが佐渡沖で石油・天然ガスの試掘を予定しているそうです。諸ニュースで報じられている中で、地図が添付されているものを見ると、佐渡沖と言っても佐渡の西の方で、能登半島の先端との中間に近いところですね。海の深さが1100メートルもあるそうで、現在の技術なら採掘できないことはないものの、大変な作業であることは間違いありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/18 13:00
天然ガスパイプライン構想
経済産業省が天然ガスパイプライン構想をぶち上げているようです。確かにヨーロッパでは、ロシアから長大なパイプラインが整備されていてそれで大量に安価に供給しているのが当たり前なので、日本はなぜこの程度の大きさの国でパイプラインが実現していないのだろう、と思うことはあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/13 13:00
浜松の防潮堤
浜松で、民間企業が300億円を寄付して防潮堤を整備するそうです。東海・東南海などの地震の懸念もありますしね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/09 13:00
金星の日面通過
金環日食は見ませんでしたが、今日は見てみました。会社の同僚が日食グラスを持ってきていたので、それを借りて社内で10時過ぎに。こちらは曇りがちでしたが、時折雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせていたので、そのタイミングを狙ってみました。しかし、やはり肉眼では小さすぎて、言われてみれば確かに黒点のようなものがあるなぁという感じです。ほとんど錯覚の範囲に思えてしまいます。望遠鏡で拡大したうえで投影させて、それを見るようにしないとダメですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/06 13:00
福島第一原発4号機建屋公開
福島第一原発の4号機原子炉建屋が、事故後初めてメディアに公開されたとか。表やヘリから撮った映像でも、4号機の使用済み燃料プールの周りが爆発で吹き飛んでむき出しになっているのはよく見えていましたが、あそこにメディアが入ったということですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/26 13:00
プレート境界岩石の採取完了
JAMSTECの探査船「ちきゅう」により、史上初めてプレート境界断層の岩石の採取に成功したとのこと。この「ちきゅう」はいろいろな探査で活躍していますね。お金をかけて建造しただけのことはあるように思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/25 13:00
核燃料サイクル
核燃料サイクルの見直し議論が進められています。従来の方針通り全量再処理する場合、一部再処理する場合、全量直接処分する場合などいくつかのケースで試算がされているようで、全量直接処分が安いという内容だとのこと。まあ、既に再処理で抽出するプルトニウムを高速増殖炉に使う見込みははるか先まであり得ない状態になっているので、核燃料サイクルに経済性はなくなっているのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/16 13:00
ETCS level 3運用開始
長らく話だけ出ていたETCSのlevel 3が、ついにスウェーデンで実運用を開始したようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/30 13:00
太陽光発電の買い取り価格
太陽光発電の電力を電力会社が買い取るときの価格が、1kWhあたり42円と決まったそうです。随分高いですね。普通、火力や原子力で電力を作るときは1kWhあたり10円とかそこらを考えるものなので、それからすると4倍です。いくら太陽電池パネルが安くなってきているとは言っても、まだこれくらいの価格がするものですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/25 13:00
電力需給見通し
今夏の電力需給見通しが話題になっていますね。2010年並みの猛暑でかつ節電効果を見込んだ場合で、電力需給が不足するのは北海道電力、関西電力、九州電力の3社の見込みのようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/24 13:00
福島第一原発周辺の線量予測
政府が、福島第一原発周辺の線量が今後どのように変化するのかを予測した地図を出したそうです。20年後までの変化を示しているそうで。除染の影響を考慮しないとしているので、放射能の半減期だけを考慮したのかと思ったのですが、よく読むと雨や風によって洗い流されていく分も推定に含めているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/22 13:00
自転車のかごから放射性物質発見
中国製の自転車のステンレスかごからコバルト60が発見されたそうです。コバルト60は、時折こういう形で鋼材などに紛れ込んで出てきてしまうことがあるように思います。ガンマ線源としてよく使うそうですが、鋼材にまざってしまうことがあるような用途で使うものなんですかね。コバルト60そのものはベータ壊変をしますが、その娘核種がガンマ線を出すのを使うらしく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/18 13:00
北朝鮮のロケット
北朝鮮のロケット発射でいろいろ騒いでいますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/10 13:00
テクノパワー
1990年代初期に、NHKスペシャルで「テクノパワー」という題名で、土木技術について紹介する番組を5回に分けて放送していました。全部の回を見てとても面白かったのですが、最近古本でその書籍を入手しました。ほぼ放送内容に忠実に書き起こしているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/24 13:00
震災1周年
東日本大震災発生から1年が経ちました。随分いろいろあった気がして、1年にしては長かった感があります。実際に被災した人はどうだったのでしょうか。NHKで政府主催の慰霊式典の中継を見ていましたが、被災地の3県からの代表が読み上げた挨拶は、感情がこもっていながらきちんとまとまった挨拶になっているというところがなかなかよくできていたように思います。政府側がいろいろ添削したのかもしれませんけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/11 13:00
GPS腕時計
セイコーから、GPSを受信して現地時刻に自動で合わせる腕時計が発売されるそうです。電波時計は結構普及してきましたが、GPSを使うのは世界で初めてなんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/06 13:00
除染技術
福島の放射性物質汚染地域を除染するための技術開発がいろいろ行われているようです。もっと簡単に取り除けないものかと思っていたのですが、意外に難しいようですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/23 13:00
海底トンネル事故
倉敷の海底トンネル建設現場での事故が問題になっていますね。海底が5メートルほどくぼんでいるということで、落盤して海水が流れ込んできてしまったのでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/08 13:00
廃水再利用
下水をリサイクルして飲用水にする話が記事になっているようです。シンガポールやオーストラリアですでに下水処理水を直接水道水に回すのをやっていたように思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/01 13:00
新築マンションの高線量問題
福島県二本松市で、新築マンションで室内の線量が外部より高い問題が発見されたとか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/15 13:00
原発の安全強化費用
フランスで、原子力発電所の安全強化に総額1兆円ほどかかると見込まれて論議になっているそうです。そんなものかと思ってしまうのは私だけでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/08 13:00
ロボット掃除機
ルンバに代表されるロボット掃除機が売れているそうです。まあ、いろいろと面白いことは確かでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/14 13:00
はやぶさ2暗雲
史上初めての小惑星からのサンプルリターンを行った「はやぶさ」の後継機として、異なる小惑星からのサンプルリターンを計画している、通称「はやぶさ2」(おそらく正式に打ち上げられたら別な名前がつけられるのでしょう)が、予算獲得で揉めているようです。どうも国民の生活の何に役に立つのか説明しろとか言われているみたいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/04 13:00
代替電源義務付け
原子力発電所の代替電源について、これまでよりも厳しく2系統の外部電源を引いたり、高台に非常用発電機を置いたりする対策を義務付けるというニュース。まあ、福島の事故を受けたら当然の対策でしょう。これが事故の前にできていたらよかったのですが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/28 13:00
ASIMO改良
ホンダのASIMOが改良されたとかで発表されたようですね。初期に発表されたものはまだまだあちこち違和感があるようなものでしたけど、最近のは本当に人間のように歩きますね。手先が器用になったのも凄いです。大体においてロボットは、あることをこなせるように改良すると、それまでできていたことができなくなったりするものですけど、そういうドローバックはないのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/08 13:00
世田谷の高線量問題
世田谷区で異様に放射線量の高い地域が見つかったという問題でもめていましたが、民家の下に線源と思われる瓶が発見されたというニュースになっていますね。昨日の時点で、空中の方が地面付近より線量が高いという時点で、原発事故由来のセシウムではありえないような線量分布だなぁと思っていたのですが、こんな結果になるとは。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/13 13:00
空気エンジン車
豊田自動織機が空気の力で走る車を開発したとのこと。なんだそれはと思ったら、圧縮空気を積んで、それを吹き出す力でタイヤを回転させて走る車ということのようですね。鉄道だと、鉱山など火気厳禁の場所で使うために圧縮空気で走る機関車「エアーロコ」が実用で使われていましたが、それの自動車版ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/22 13:00
炉心溶融回避の可能性
福島第一原発事故に関するコンピューターシミュレーションで、2号機と3号機については適切に注水を行っていれば炉心溶融を防げていた可能性があるという解析結果が出たそうです。これまでに公表された事故の経緯などから見てそうなのかなと何となく思っていたことですが、専門家が分析してもやはりそうなりましたか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/16 13:00
NE Train
NE Trainの改良版がメディア向けに公開されたそうです。1500V架線で10分充電して、非電化区間を20分走行可能というのはまた微妙な性能の気がします。もう少し、非電化区間での走行時間が長くないと実用的に使えない気がしますねぇ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/01 13:00
福島第一原発燃料回収工程
福島第一原発事故で、原子炉の廃炉について検討していた東京電力が、結局原子炉格納容器を冠水させて取り出すしかないと判断したそうです。結局そうなりますかね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/31 13:00
バクテリアによる除染
飯舘村の、放射性セシウムで汚染された水田で、バクテリアにより除染できたという報告があるそうです。なんだか、科学的に無茶苦茶なことを言っているような。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 13:00
エレベーター落下事故
東京地下鉄有楽町線/副都心線平和台駅で、エレベーターのワイヤーが全破断してかごが落下し、安全装置で止まるという事故があったそうです。これは極めて珍しいですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/29 13:00
エアコン省エネ表示問題
エアコンの省エネ性能の表示で、一般家庭では使わないような特殊なモードを使って高い性能にみせかけていたとして、11社が問題を指摘されて当該型番を公表するそうです。11社って、日本でエアコンを発売しているほとんどのメーカーなんじゃないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 13:00
大飯原発1号機停止
大飯原発1号機がトラブルを起こして止まってしまいました。大飯1号機は、震災前日の3月10日に起動して、定期検査終了時に1ヶ月程度実施される調整運転をしているうちに震災となり、定期検査終了後の通常運転へのめどが立たないので調整運転のまま電力供給をしていて批判されていたところです。一応この機については定期検査を終了させて通常運転させることで福井県側とも合意が得られたという話だったのですが、トラブルで止まってしまったので、これを再起動するにはまた合意を得る必要があり、当面再起動は難しいことになってしま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/16 13:00
自家発電余力
菅首相が原発なしでの電力供給を維持するために自家発電余力を探しているという記事。特に菅首相に批判的な産経の記事なのは差し引かなければならないのですが、それでもこの記事については真っ当な批判にはなっているように思えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/14 13:00
もんじゅ落下の装置公開
高速増殖炉「もんじゅ」が燃料交換用の装置が炉内に落下してしまってもめていましたが、6月末に取り出しに成功して、このほど取り出したものが公開されたそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/13 13:00
液状化問題
今日のNHKスペシャルで、東日本大震災における液状化問題が取り上げられていました。阪神大震災では、震度6以上の地域でしか液状化が起こらなかったのに、今回の震災で震度5の地域でも液状化が起きてしまったのは、揺れている時間が長かったからだという話が興味深いです。揺れの強さだけではなく揺れの時間の長さも影響するんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/10 13:00
ストレステスト
原子力発電所の再開問題を巡って、菅首相がストレステストを実施すると表明して混乱しているようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/07 13:00
循環冷却
福島第一原発で、汚染水を浄化した水を使って再度原子炉に冷却用に注水する循環冷却が始まったとのこと。しかし漏水が見つかってすぐに停止してしまったようですね。夜のNHKニュースを見ていたら、東電の会見担当者ですら、循環冷却を開始したと発表したときに、まだ漏水の懸念があると述べていたので、やっぱりということだったのでしょう。事前に真水を使って循環実験とかをやってみたのでしょうかね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/27 13:00
永久機関
某所で考え出されたという永久機関が話題になっていますね。ピンポン玉を上から落としてその勢いで歯車を回して発電し、下に来たピンポン玉を水管の中に入れて浮力で上に戻す、というものです。水管に入れるところで水が漏れるのを防止する機構はどうなっているんだ、という突っ込みはともかくとして、原理的には水圧にさからって水中にピンポン玉を押し込む仕事に要するエネルギーがこの機構全体を駆動しているわけで、全然永久機関ではないわけですね。当たり前ですけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/26 13:00
泳ぐ内視鏡
魚のように泳いで自由に体内を移動できる内視鏡が実用化されたというニュースが出ていました。これまでも、カプセル型の内視鏡を飲み込んで、中から電波を使って撮影状況を送信してくるものは既に存在していました。今回は、その撮影位置を自由に制御できるようになった、ということですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/21 13:00
4号機使用済み燃料プールの偶然
以前から、福島第一原発事故の件を詳しく検討してきた人からは言われていたことではあったのですが、4号機の使用済み燃料プールで水が減少して空焚きにならずに済んだのは、爆発事故の影響で偶然仕切り板がずれて、隣から水が流入したからだということがほぼ確実になったようです。何という偶然でしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/20 13:00
福島第一原発水処理システム稼動
今日から福島第一原発の汚染水処理システムが本格稼動したそうです。予定より2日遅れましたが、それでも何とか間に合って動き出してくれたということでしょうか。これから何事もなく動いてくれれば良いのですが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/17 13:00
発電用ロータリーエンジン
マツダとアウディが提携して、発電用ロータリーエンジンを開発するかもしれないとの話。電気自動車(EV)は、航続距離が短いのが弱点なので、搭載している非常用発電機で、バッテリーが不足したときに充電してしまおうという発想のようです。あれ、アメリカのGMだったかが開発した電気自動車に、実はガソリンエンジンが搭載されているのがばれて「本物の電気自動車じゃない」と叩かれていた記憶があるのですが、こういうのはいいのでしょうか。最初から告知しておけばよいのか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/11 13:00
東電海水注入問題
福島第一原発事故で、官邸の意向を伺って一旦海水注入作業を中断していたと発表していたのに、実は現場の判断で継続されていたとか。情報が二転三転という感じですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/26 13:00
貞観津波の評価
東京電力が貞観津波の際に福島県付近で発生した津波について、4メートル未満だったと推定していたそうです。22日から始まる学会に投稿していた、というのはつまり、地震以前に原稿を投稿していたものが22日に学会が始まって、予稿集が一般に配布されてそういう原稿だということが分かったということですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/23 13:00
アントロポセン
地質学的な時代区分を新たに設けるほど、人類が地球に大きな変化を加えてきたのではないかとして、「アントロポセン」という新しい地質学的時代区分が提案されているとのこと。今は、1万年ほど前に始まった完新世という時代区分に属しているはずなのですが、人類による人工的な気候変動などで新しい時代区分に入ったのではないか、ということですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/20 13:00
浜岡原発停止
昨日の4号機に続き、今日5号機が停止して、浜岡原子力発電所のすべての原子炉が運転を停止したそうです。唐突な政治決断でしたね。これでいよいよ西日本も電力需給が厳しくなってきました。他の原子力発電所を再開できなければ、この夏は大停電になってしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/14 13:00
高放射線量の瓦礫発見
福島第一原発3号機の近くで、1000mSv/hに達するような高い放射線量をもった瓦礫が発見されたそうです。これはまたぎょっとするような高い線量の瓦礫ですね。一体何が付着したらこんなに高い値になるのか不思議です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/23 13:00
調査ロボット
福島第一原発で、原子炉建屋の内部を調査したアメリカ製ロボットの撮影してきた動画が公開されていましたね。かねてからロボット技術では世界に誇ってきたはずの日本が、こういう場面で使えるロボットを持っていないというのがなんとも情けない限りです。どうも聞くところによれば、最初からそういう事態は起こりえないので開発する予算もつけないという発想だったようです…。日本的ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/20 13:00
原発事故収束行程
福島第一原発事故の収束へ向けた行程表が発表されたようです。事故以来初めての長期的な見通しということになるようです。汚染水問題の発覚以来、なかなか事態の打開が進まないと思っていたら、結局短期での収束は無理だという結論になったようで、少なく見ても今年一杯はかかりそうな感じですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/17 13:00
INESレベル7
政府が、福島第一原発事故の国際原子力事象評価尺度(INES)での評価をレベル7にする方向だそうです。チェルノブイリと同じクラスの事故になるんですね。もっとも、レベル7でもチェルノブイリはさらに上に振り切れたところに存在している気がします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/11 13:00
福島第一原発事故に関する議論
福島第一原発事故に関する議論を読んでいて、なるほどと思われるものがあったので少し書いてみます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/04 13:00
計画停電
相変わらず東京電力の計画停電がいろいろ混乱をもたらしているようですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/30 13:00
50/60Hz両用発電所
東北地方太平洋沖地震で、相変わらず東日本では電力供給難が続いております。本当に未曾有の災害だったのだなと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/16 13:00
可倒式風力発電機
沖縄電力が南大東島で、倒して台風を避けることができる風力発電機の実用運用を開始したそうです。可倒式風力発電機の話は、最近の電気学会誌でも波照間島での実証実験について紹介されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/06 13:00
北半球から南半球へのCO2流入
北半球で排出された二酸化炭素が、大量に南半球に流入していることが明らかになったそうな。それにしても北半球での二酸化炭素排出量が68億トンに対して、南半球での排出量が4億トンとは、また極端に違うものですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/12 13:00
二酸化炭素の有効活用
地球温暖化の問題もあって、二酸化炭素をどうするかについて関心が深まっているところですが、二酸化炭素を資源として有効活用する研究が行われているそうです。従来一酸化炭素と水素を使ってメタノールを合成していたところを、二酸化炭素と水素を用いてやろうという話のようです。一酸化炭素と水素(合わせて水性ガス)を使って始める化学反応のプロセスは高校の化学でも習う基本的な話ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/24 13:00
車載テレビ
車載テレビの地デジ化が進んでおらず、まだ半分未満のようです。これにはとても意外の感を受けました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/22 13:00
海底原子力発電所
フランスの会社が海底原子力発電所を計画しているとのこと。海底に原子炉を設置して、何が嬉しいのかいまひとつ分かりませんね。立地の問題が軽減されるということなのでしょうか。核テロリストが狙いにくくなる? 警備する側も大変そうですけどね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/21 13:00
準天頂衛星測位システム7機体制
先日1号機「みちびき」が打ち上げられた、日本独自の衛星測位システムである準天頂衛星による測位システムが実用化に向けて、2014年から2015年にかけて7機打ち上げる方針だそうです。これは結構意外です。最初の1機だけ打ち上げてぽしゃるかと思っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/05 13:00
あかつき
金星探査機「あかつき」が金星に到着して、金星周回軌道に入るために逆噴射をしたものの、緊急退避姿勢に入ってしまって正しい軌道に投入できたかどうかも確認できない状態であるとのこと。通信容量の低い低利得アンテナでの通信しかできていないようですね。何でも中利得アンテナでは512bpsで、低利得アンテナでは8bpsであるとのこと。これではまともにコマンドを送信してその結果を得るだけでもひどく大変です。レイテンシも凄く大きいですし。だから軌道を確定することもできていないのでしょう。この数値を見ると、写真1枚... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/07 13:00
ヒ素を利用する生物
NASAが生物学上の重要発見を発表すると事前に告知して、すわ宇宙人発見かと騒がれていた件は、これまで生物に必須と考えられていたリンの代わりにヒ素を利用する生物が発見された、ということだったようです。確かに生物学的には重要な発見ですね。ただ、わざわざ発表すること自体を事前告知しなければならないものなのかとも思えます。中国が重大発表をすると言って、内容が「六ヶ国協議やりましょう」だった落ちに似ているような…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/03 13:00
台風勢力抑制装置
三重県の会社が潜水艦を使って台風の勢力を抑制する装置を開発したそうです。海面の温度が高いと台風の勢力が発達し、逆に低いと弱まることから、深層の温度の低い海水をくみ上げて表面付近に送り込み、海面温度を下げることで台風の勢力抑制を期待しようというもののようです。潜水艦を使うというのは、海面上の船だと台風の荒天の影響を強く受けてしまうからということなのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/20 13:00
モスキート音
昨日の飲み会のネタなのですが書き忘れていたので今日執筆。若い世代には聞こえるけど、年を取ると聞こえなくなる高周波音を使って、若い世代が公園などをたまり場にしないようにするモスキート音発生装置というものがあります。iPhoneアプリで早速そういう装置を模擬して音を出すものが出ているのだそうで、それを使って実験していました。 私は18kHzの音までは聞き取れて、19kHzになるともう聞こえませんでした。しかし私より数年若い同僚が18kHzを聞き取れなかったので私のほうが耳は若いと判明。その場で一番... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/05 13:00
エレベーター2012年問題
エレベーターに2012年問題があるとのこと。古いエレベーターへの補修部品の供給を打ち切る期限が来るということだそうです。 ここに載せられている表の中でもっとも幅が広いものを取ると、昭和28年製造のものから平成2年製造のものまで供給打ち切り期限が迫っているようです。随分幅があるように思います。昭和28年製造なら、さすがにもう寿命だよねと納得できる年代ですけど、平成2年製造と聞くとまだ20年ほどではないかと思ってしまいます。新しいものほど電子制御などの技術が入っていて、現場の工夫で何とか部品を確保... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/01 13:00
空き缶コーナーリフレクター
宮城県で空き缶を使ったレーダー反射器作りの講習会があったとのこと。レーダー反射器と聞いて、海難に遭った際に手元のありあわせのもので作って救助を待つためのものかと思ってしまいました。いけすや漁具などに設置して、他の船のレーダーに映るようにすることで、誤進入による破損を防ぐというもののようですね。なるほど。 レーダーは電波が対象物に当たって跳ね返ってくるのを検出して映し出す装置ですが、反射の法則上入射角と反射角は当然同じになるので、実はほとんどの電波は発信源とはまったく関係ない方向に反射されてしまい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/22 13:00
はやぶさ帰還
日本時間今日の23時前、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還したとのこと。ustreamの中継で見ようと思っていたのですが、重すぎて全然見られませんでした。テレビ各局はこういうときこそブロードキャスト能力を生かして生中継してくれればよかったのにと思いますが、それに適当な番組が無かったのでしょうか。帰還のちょっと後に、そのシーンを録画した動画が公開されていたのをみました。視界内を思ったよりもゆっくりと移動して、強い発光が見えたと思ったらだんだんとそれが消えていくという感じでした。読売新聞が実に綺麗... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/13 13:00
自動車低燃費基準の問題点
東京都が、エコカー減税の適用される低燃費車の基準の問題点を指摘しているそうな。車重が重い車ほどもともとの燃費が悪いことに配慮して、重くなると燃費基準値が大きくなる(悪くなる)ので、基準を達成できないときには車体を重くすることで基準値の方を上げて達成しているのだとか。ありがちな話ですね。重くしたことで総体としては環境にマイナスになってしまうわけです。 本来は重量が軽い車の方が環境負荷はずっと軽いはずなので、車体重量によらずに純粋な燃費で低い方の車種を優遇するようにするのがいいのでしょうけれど、景... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/18 13:00
カセットボンベ発電機
以前、カセットボンベのガスで動作する耕運機を発売したホンダが、今度はカセットボンベのガスで動く携帯用発電機を発売するそうです。公式ページ。これは面白いですねぇ。 公式ページを見ると、随所に一酸化炭素を多く含む排気ガスを出すので室内では使うなという表記がしてあります。これはなかなか怖いかも。外にキャンプに出かけて、テント内で電気を使おうとして、発電機をテントの外におかずに内側においてしまったら死んでしまいそうです。まぁ、動作音が結構あるみたいなので、わざわざ内側に置こうとは思わないのかもしれません... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/25 13:00
東芝白熱電球製造中止
東芝が今日付けで白熱電球の製造を中止したそうです。ちょうど今晩の報道ステーションでこの話をしていて、最後の電球がラインから出てくるところを放送していました。ラインを閉鎖するときには、その工場内では式典をやるのは結構あるのでしょうけれど、今回は象徴的なものであったからなのか、マスメディアがかなり入っているようです。おまけに、東芝ライテックという子会社に分離されている事業なのに、親会社の東芝の社長も出席したみたいですね。東芝ライテックは本社が横須賀にあって工場が鹿沼とは…。全然東芝の印象のない土地で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/17 13:00
サリドマイド
かつて薬害を引き起こして問題になったサリドマイドが、四肢の発達障害を起こすメカニズムが明らかになってきたそうな。セレブロンという物質が四肢の発達に関わっており、サリドマイドがその妨害をしているようだとのこと。 うーむ、以前聞いた話では、サリドマイドが四肢の発達障害を起こすのは、毛細血管の発達を妨害する作用があるために、四肢の発達段階で必要な栄養が供給されなくなるからだという話を聞いたことがあったのですが。そのように活発に毛細血管が発達するのは人間では胎児のときだけなので、胎児に悪影響はあっても飲... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 13:00
トヨタリコール問題の公聴会
アメリカ議会で、トヨタ自動車の豊田章男社長が出席してリコール問題に関する公聴会が開かれたようです。アメリカの公聴会での追及というのは大変厳しいものがあるらしく、その後のアメリカの従業員との懇談会で涙を流していたのも理解できる気がします。テレビで見た感じでは、ひたすら対応の遅れをわびるけれども、電子制御の欠陥については否定するという筋書きで押し通したようですね。実際のところ、電子制御の問題というのは再現性を出すが大変難しいので、問題がないという証明をするのは事実上無理です。「本当に問題はないか」と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/25 13:00
発信器
TBSが取材対象者の車に発信器をつけたという話が出ています。この取材方法に対する批判は全くなのですが、それとは別に、この発信器はどういうものなのだろうという興味を抱きました。 スパイ小説とかではこういうものが普通に出てくるような気もしますけど、果たしてどういう仕組みにすればいいのかが気になります。単純に特定の周波数であるコードを送るだけで、受信側で位置を測定する仕組みだとすると、受信端では電波が送られてきた方角しかわからないはずです。電波の送信端と受信端の間の伝播時間を測ることができれば距離はわ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/17 13:00
「はやぶさ」地球引力圏内通過軌道に
小惑星探査機「はやぶさ」が、このほど地球引力圏内を通過する軌道に到達したそうです。つまり、今の段階でエンジンが故障してこれ以上加速・軌道修正できなくなったとしても、今の軌道のままで地球引力圏内を通過するようなコースに載っているということですね。ほぼ地球へ帰ってくる見通しがついたということで、これは素晴らしいニュースですね。といっても、地球引力圏も150万キロもあるそうなので、もっと地球にきちんと近づけないと、カプセルの回収は難しいのではないかという気がします。 現時点でも地球から5900万キロ離... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/15 13:00
3Dプリンター
住宅デザインソフトで作成したデータを基に、3Dプリンターで住宅模型を作って提供するサービスが出たそうです。おー、これは凄いですね。 3Dプリンターは、立体のデータをコンピュータから受け取ると、自動的にそれを立体で作ってくれる機械です。全くもって魔法の技術としか思えないのですが、既に現実に存在する機械です。2004年に埼玉の方で開かれた研究会に参加したときに、会場の大学が保有している機械を見せてもらったことがあります。そのときに聞いたその機械で使われている方式についての説明によれば、感光すると硬化... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/12 13:00
「はやぶさ」帰還見込み復活
小惑星「イトカワ」への着陸を果たし、そこから地球へ帰還の途上にある探査機「はやぶさ」のエンジンが故障して、帰還できないかもしれないという話がちょっと前に出ていました。ところが、このたび過去に故障して停止中であったエンジンを生かして推進力を得ることができたそうで、来年の地球帰還へ再開できる見込みになったようです。どうも、過去に停止した2台の壊れた部分が違っていたそうで、まだ大丈夫な部分同士を接続することで動くようになったそうなのですが、そもそも現地に技術者が行って修理できるものではないのに、そのよ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/20 13:00
「はやぶさ」帰還困難に
小惑星イトカワに着陸して、そこから帰還の途にある小惑星探査機「はやぶさ」でエンジン故障が発生してピンチであるとのこと。これは満身創痍ですねぇ。当初想定していた期間以上に長く働かせ続けているのですから、そのあたりで老朽化してくるんですかね。宇宙線などの影響も厳しい場所ですので、地上に比べるとあっというまに劣化していくのでしょう。しかし4つ積んで3つも壊れてしまい、残り1つもほとんど推力がないとは。 火星探査機「のぞみ」の時を思い出しますね。あの時もいろいろトラブルを起こして、そもそも火星に行くこと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/09 13:00
逆向き惑星発見
国立天文台の「すばる望遠鏡」で、このほど通常とは逆方向に公転する太陽系の惑星を発見したそうです。ほー、これは面白いですね。てっきり、地球の北極方向の天頂から見下ろした時には、全ての惑星が反時計回りに回っているものだと思っていました。なかなか不思議なこともあるものです。 太陽系の形成過程からいって、ガスがぐるぐると渦を巻いていて、その中で岩のかけらのようなものが次第に周囲の物質を集めて巨大化していって、やがて惑星が形成されるということのはずですから、そうなると結果として全ての惑星は同じ方向に運動す... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/05 13:00
月面に縦穴発見
月探査機「かぐや」のデータを解析していて、月面に謎の縦穴が見つかったそうです。地下に大空洞があって、そこで陥没してできた穴、ということのように推察されているそうです。しかし、地球のように水が豊富なわけではなく、大気があるわけではなく、重力もとても弱いというのに、地球の地形造形の知識をそのまま適用できるものなのだろうかと思ってしまいます。 仮にこれが本当だったとして、確かに月基地を建設するのには非常に好適なように思われますね。昼と夜の強い寒暖差を回避するのにはとてもよさそうです。しかしずっと暗いま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/25 13:00
ハエに記憶を書き込み
ある種の匂いとともに電気ショックを与える訓練を繰り返したハエは、その匂いを覚えて避けるようになるのだそうですが、そのときの脳細胞の状態を人工的に書き込んだハエが訓練していないのにその匂いを避けることが確認されたそうです。人工的に記憶を脳に書き込んだということですね。これはとても面白い話です。 人間への適用可能性について、人間の脳はハエに比べてはるかに複雑だから難しいという趣旨のことが書かれています。ただ、ある種の匂いというものを識別できるだけの情報量も結構な量があると思うので、それを書き込めると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/23 13:00
ISO感度10万のカメラ
ニコンから、最大でISO感度10万で撮れるカメラというものが発表されたそうです。うーむ、なんか桁違いのISO値ですね。月明かりでも手持ちで撮れるというのがなんとも。例えば夜景とかを撮るとどんな感じに写るのか興味があります。 公式サイトのサンプル画像集を見たのですが、ほとんど動物の撮影に使っているような…。確かにフラッシュを浴びせると不味いという条件を考えるとこのカメラの使用例として最適なのかもしれませんけど。鉄道ファンの立場からすると、夜間に走行中の列車を撮影するとどうなるか、地下駅で撮影すると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/14 13:00
マツダの低燃費コンセプトカー
マツダが東京モーターショーで出展する新しいコンセプトカーを発表したそうです。コンセプトカーは1台限りで作っているものなので、量産車とはいろいろ勝手が違って、その技術がすぐに市販車に出てくるわけではないとはいえ、ハイブリッドでないガソリンエンジン車で燃費が1リットル当たり32kmというのは凄い値です。ガソリンエンジン車でまだこれほど大きな燃費改善を達成できる余地があるというのは非常に意外でした。先日発売されたアクセラで、アイドリングストップを細かくやって燃費を稼ぐというのは既にあって、また車体の軽... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/29 13:00
H2B打ち上げ成功
今日の2時過ぎに種子島宇宙センターからHTVを載せたH2Bロケット1号機が打ち上げられ、無事に成功してHTVが軌道に乗ったようです。新しいロケットが初回から成功するのは素晴らしいですね。関係者の皆さんおめでとうございます。 私も深夜ながらJAXAのストリーミング中継に見入ってしまいました。カウントダウンが進むにつれてウォーターカーテンの展張が始まり、6秒前くらいにメインエンジンがスタートして炎が出始めて、0の瞬間にあっという間に飛び出していってしまいました。もっとゆっくり加速していくのかと思った... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/11 13:00
韓国初のロケット打ち上げ軌道投入に失敗
韓国で初めての人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」の打ち上げが行われ、打ち上げ自体は成功したものの衛星の軌道投入に失敗してしまったようです。 このロケット、1段目のロケットエンジンは共同開発と称しつつも実は完全にロシアが開発したもので、しかもこれまでに実績がない新バージョンのエンジンをいきなり打ち上げに使うということで、信頼性の無いものを大金でつかまされたと韓国メディアが騒いでいたものです。しかし、その割にはこのエンジンはちゃんと動作して1段目は打ち上げに成功したみたいです。さすがはロシアとい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/25 13:00
芯を回転させるシャープペンシル
三菱鉛筆が書いているときに自動的に芯を回転させるシャープペンシルを開発してよく売れているそうです。へー、そんなものが発売されていたんですね。知りませんでした。 この機構を開発するきっかけになった、シャープペンシルの芯の片減りという問題は、私も随分困っていました。紙質との相性にもよるのですけど、芯の尖っている部分がひっかかってキーキーという音がすることすらあるんですよね。私の持ち方のためかわかりませんが、どちらかというと太い字になってしまう問題より、この紙に引っかかるという問題の方が深刻でした。な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/30 13:00
電力vsガス
日経ビジネスオンラインでエコの威借りた覇権争い 「電力vsガス」対立激化という記事が掲載されています。ガスを燃料に動く燃料電池の推進を図るガス陣営と、オール電化攻勢を掛ける電力陣営が激しいバトルを繰り広げているという話です。なかなか面白いです。 太陽電池を設置すると、その発電した電力の余り分を電力会社が買ってくれるわけですが、その買い取り価格は普通の発電所での発電原価の2倍にもなる高い値段だそうです。しかし、この記事によれば太陽電池導入と一緒にオール電化を勧められるので、電力会社としてはそこまで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/09 13:00
3Dテレビ
パナソニックやソニーが3Dのテレビの市場投入を検討しているとのこと。薄型テレビがすっかりコモディティ化してしまった中で、3Dという新たな軸を打ち出せれば差別化できるかも、ということなのかもしれません。家庭用で3Dを実現するというのはどのような技術なのか気になります。 かつて、3Dメガネを使って立体で見るテレビ番組が放送されたことはあったように思います。でも、3Dメガネを使うという方式では全然インパクトがないですよね。普通に見ていて3Dに見えるという方式でなければ新たに市場を開拓できないと思います... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/04 13:00
月面2足歩行ロボット
政府の宇宙基本計画で、月面に2足歩行ロボットを送って活動させるというものが案に入っており、これに対してパブリックコメントで批判が殺到しているそうです。まぁ、この計画は出た時から単なる人気取り、パフォーマンスといった感じのものでしたからね。それに対して批判的なコメントがこれだけ来るというのは、ちゃんとわかっている人もたくさんいるんだなということでしょうか。 そもそも、ロボットというのは2足ではないものの方が圧倒的に多いわけで、人間が指示したことに基づいて動作するものであれば何でもロボットと言いうる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/30 13:00
[交通] プリウスのインサイト比較広告
2日続けてトヨタネタになりますが、ホンダがハイブリッド車「インサイト」を発売したことにトヨタ側が激しく対抗していて、このほどかなり手厳しい比較広告を出しているそうです。直接その広告を見られるわけではないものの、ここで解説されている内容を読むだけでかなりエグいのはよく伝わってきますね。トヨタ、そこまでやるか、という感じがします。 この記事を読むまで、インサイトのハイブリッド方式がプリウスと違うということは知りませんでした。ハイブリッド方式というとシリーズハイブリッドかパラレルハイブリッドかのどちら... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/28 13:00
細菌で二酸化炭素をメタンに変換
二酸化炭素をメタンに変換できる細菌がいるらしいという発表があったようです。二酸化炭素の地中貯留技術の研究で、油田跡などに二酸化炭素を貯留している間に細菌がメタンに変換するかも、ということなのですが、本当なのでしょうか。 そもそも、メタンと二酸化炭素では二酸化炭素の方が化学エネルギーの準位が低いはずで、だからこそメタンを燃やすと二酸化炭素と水と熱に変わるわけです。であれば、逆に二酸化炭素をメタンに変換するためには何らかの形でエネルギーを与えてやらないといけないはずなのですが。この細菌はそのエネルギ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/22 13:00
ゴム状硫黄
これまで高校の化学の教科書にゴム状硫黄は褐色を載せられていたのが、純度が高いと黄色になることが判明して修正されることになったそうな。ゴム状硫黄というと確かに高校の化学で出てきたような記憶がありますが、色まで教科書に載っていたようには記憶していません。教科書に載っているからにはそれなりに基本的な物質なのではないかと思うのですが、これまで純度による色の違いというような基本的な情報も分かっていなかったのでしょうかね。単に硫黄の同素体として取り上げるのに適当だから載っていただけなのでしょうか。不思議です... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/06 13:00
[社会一般] 浜岡原発1号機・2号機廃炉
中部電力が浜岡原発1号機・2号機を廃炉にする方針を固めたそうです。耐震基準がかなり引き上げられてしまって、古い原子炉を強化するくらいなら新しい原子炉を造った方がよいということになったのでしょう。妥当な判断ではないでしょうか。まぁ、正直あのような場所に造ったというのは失敗ではなかったかと思いますが。東海地震の問題が持ち出されたのは最初の原子炉を造った後だったんですよね。 地元の反対派住民で訴訟を起こしている人たちが、世論に負けたからだなどと言っているそうですが、それはいくらなんでも自分たちに有利に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/13 13:00
古い冷蔵庫の事故
東芝製の1983年以前の冷蔵庫で発火事故だそうです。25年も前の冷蔵庫がまだ稼動しているとは…。原因は経年劣化と実際に書かれていますけど、そりゃこれだけ古ければ発火もするでしょうにと思ってしまいます。これについてメーカーの責任を問われたらたまらないですよね。 それにしても凄いのは、1983年以降の製品については「対策が取られている」ということですよね。ということは、それ以降の製品は25年使っても同じ部品については経年劣化で発火しないように対策してあるということなわけで。そんなに長く使うことを想定... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/05 13:00
カプセル内視鏡
オリンパスがカプセル内視鏡を発売とのこと。これまでの内視鏡は有線で中にカメラを入れて撮影していたわけですが、これはカプセルに入ったカメラを飲み込み、無線で画像を送信するというもののようです。これまでの内視鏡に比べると負担がぐっと楽になりそうですが、撮影したい場所をきちんとカメラが向いてくれる保証はあるのかどうか、どういう仕組みでそれを実現するのかが気になるところです。 調べたところでは、イスラエル製のカプセル内視鏡が既に出回って使われていて、昨年10月から日本でも保険適用がなされているとか。それ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/14 13:00
瞬低
昨日(6日)は、最近よく見られるように夕方に猛烈な雨と雷が発生しました。そして、職場では瞬間的な電圧低下、所謂瞬低が発生しました。一瞬職場全体が真っ暗になって復旧したというような状態。その後、昨日は早めに退社していたのですが、今朝になってメールを読んでみると担当部署からの報告メールが同報で来ており、神崎川の77kV送電線に落雷があって11サイクル落ちた(60Hz地域なので11/60 = 約0.18秒送電が止まった)そうです。一番電圧が低い時で12Vまで落ちていたそうで。こういうデータが来るところ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/07 13:00
サハラ砂漠で太陽光発電
EUがサハラ砂漠で太陽光発電をしてヨーロッパに送電する計画を進めているとのこと。他に使い道もなさそうな砂漠に太陽電池パネルを並べて、そこから送電するというのは時折出てくるアイデアですね。ただ、太陽光発電とだけ書かれているので、鏡やレンズで光を集めてその熱で蒸気を作って蒸気タービンを回す方式の可能性もなくはないように思うのですけど、Wikipediaとかを見ると太陽光発電という言葉では完全に太陽電池を指すように書かれていますね。 太陽電池関連の技術革新はかなり進んでいて、太陽電池製造に要するエネル... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/25 13:00
オール電化
mixiのニュースで知ったのですが、オール電化はエコじゃない(前編)、(後編)という記事を見つけました。mixi外でも同じ記事があったのでそちらにリンク。これは確かに夜間電力を使っても、原子力は夜間も既に全力で発電しているので、新たに増加した分の電力は火力から来る、という指摘は正しいでしょう。しかし、ところどころ変な気がしますね。 エコキュートは、ヒートポンプでお湯を作っているので単なる電気温水器よりも効率が良い、というのはこれは当然のことですね。しかし「エコキュートは追い焚きが苦手なので、冷め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/19 13:00
[交通] ペルシャ湾の架橋計画
ペルシャ湾で、カタールとバーレーンを結ぶ全長40kmの橋を架ける構想があるそうな。思わず地図を引っ張り出してきて眺めてしまいました。カタールは、アラビア半島からペルシャ湾に向かって突き出した半島にある国家で、バーレーンはそのカタールがある半島とアラビア半島の間の湾にある島国です。カタールはサウジアラビアと陸続きで、また現状バーレーンとサウジアラビアを結ぶ橋も架かっています。なので、バーレーンとカタールの間を陸路で移動しようとすると、一旦サウジアラビアを経由することになるのですが、バーレーンとサウ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/14 13:00
「きぼう」打ち上げ準備中
国際宇宙ステーションに設置される日本の実験設備「きぼう」の第1便がスペースシャトルで打ち上げられる準備が最終段階にあるそうです。この「きぼう」という言葉を聞いて常に思うのは、「のぞみ」とは言葉としてどう違うんだろう、というところですね。というのも、日本の宇宙開発の中で、「のぞみ」という言葉は失敗した火星探査機に既に使われているからです。 手元の旺文社国語辞典第八版(紙の辞書)で調べてみました。「希望」は、1 こうあってほしいと願い望むこと。また、その願い。2 未来によいことを期待する感情。「望み... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/25 13:00
[社会一般]新型インフルエンザ
水曜日、木曜日に掛けてNHKで2夜連続で「新型インフルエンザの恐怖」が放送されたのを見ました(実質的には火曜日・水曜日の深夜の放送)。再放送ですけど。1日目は、実際に日本海沿岸の漁村から新型インフルエンザの大流行が始まったという設定のドラマ仕立てで、日本がどうなっていくのかを描いていました。2日目は普通のNHKスペシャルのような感じで実際にどこまで新型インフルエンザ大流行の危機が迫っているのか、どのような対策が採られているのかを紹介する内容でした。 初日のドラマ仕立ての放送は非常に恐ろしいもので... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/17 13:00
温暖化研究
ドイツの大学の研究で、今より海水温が5度以上高かった9000万年前でも南極の氷はそれほど融けていなかったということがわかったそうな。氷の中の同位体比から計算したものだそうですが、この手の分析は本当にどこまで正しいのかいろいろと疑問なところもあります。ただ、温暖化が進むと海水の蒸発が増えてそれが南極の降雪量の増加につながり、暖かくなっても氷が融けないくらいの地域に多くの氷床ができるので却って海水面が下がるのでは? という説もあるようで、そういうこともありえるのかなと思います。 まるでもう決まったこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/13 13:00
最後のGLONASS衛星打ち上げ
ロシアが進めていた衛星を利用した測位システム(早い話がロシア版GPS)"GLONASS"を構成する最後の衛星が打ち上げられたそうです。24機もよく打ち上げたものです。オイルマネーでロシアの財政がホカホカしていなければできなかったことでしょうね。 さて、GPSのオルタナティブな衛星測位システムといえば、ヨーロッパが計画して進めているガリレオ計画があります。これもまた、測位システムのアメリカ独占を許さないためにヨーロッパが代わりのプランとして打ち出してきたものですが、例によって「順調に遅れて」おりま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/27 13:00
お掃除ロボット
どこかの物好きがお掃除ロボットを買ったらしく、今日昼休み後に職場の掃除をしているとロボットが目の前を掃除しながら通り過ぎていきました。ちょっとびっくり(笑)。もちろん、研究のネタにするという名目で会社の予算で買ったんでしょうね。こんなもの気軽に買えるほど安く市販されるようになったのでしょうか。 決して人間型のロボットではなく、カーリングのストーンみたいな外観(取っては付いていない)でごみを吸い込みながらうろうろするというものです。障害物を検知して自動回避する機能が付いているとか。一般家庭ならとも... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/21 13:00
神通川の汚染レベルが自然水準に
イタイイタイ病の原因になった、神岡鉱山からの流出カドミウムによって汚染されていた富山県の神通川で、このほど汚染レベルが自然水準まで戻ったことが確認されたそうです。公害が起きてから40年過ぎてようやくここまで来たんですね。そういえば水俣病の発生地八代海でも、海の一部を網で仕切って汚染された魚が外に出て行かないようにしていましたが、最近開放されました。 こうした、高度成長期に端を発する公害問題は、確かに深刻で解決に時間も掛かるものではあるのですけど、それでも現代の視点からはまだ解決が容易であるように... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/17 13:00
京都議定書の達成見込み
国連気候変動枠組み条約事務局が、京都議定書の目標は先進国全体では達成可能な見込みと発表したそうな。日本では全く目標を無視したかのようにバンバン二酸化炭素排出量を増やし続けているので、これはもう全く駄目なのかと思っていたのですが、ヨーロッパが凄い減らし方をしていますね。ドイツが18.4%減というのは、京都議定書の基準年である1990年はまだ東西ドイツ統合の頃で、非効率な旧東ドイツの工業設備を廃棄して最新の設備に入れ替えるだけで大幅にエネルギー効率アップを達成できるという事情があったのでまだ分からな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/21 13:00
ブラジル海底油田
ブラジルで新しい海底油田が見つかったそうです。確認埋蔵量が一気に1.5倍に増えるそうで、資源の豊かな国はうらやましいですね。こうしてみると、まだまだ石油も新たに見つかってくるので、地球温暖化問題を抜きにして考えれば、石油の時代そのものはまだまだ続けられることになるのでしょう。子供の頃に石油の残り年数は36年と社会科資料集などに書かれているのを読んで、自分が年寄りになる頃にはもう石油は残っていないなと思っていたのですが、今見てもまだ40年くらいという数値が書かれていて、随分伸びています。聞くところ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/10 13:00
柏崎刈羽原発問題
中越沖地震で被害を受けて止まっている柏崎刈羽原発について、7号機で制御棒が抜けないトラブルが起きているとのこと。他がいくら火災になっても多少の放射性物質を含んだ水が漏れても、震度7クラスの大地震ならそういうこともあるかと思うのですが、制御棒に異常が起きるというのはかなりやばいですね。特に東電が使っている沸騰水型原子炉の場合制御棒が原子炉を止めるための要ですし。加圧水型の場合ECCSを作動させてホウ酸水を原子炉に流し込めば制御棒なしでも止まりますので。 しかしながら、別のニュースを読む限りでは7号... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/19 13:00
鹿児島市電の架線電圧補償装置(その2)
4月に南日本新聞の記事になった鹿児島市電の架線電圧補償装置の件を書きましたけれど、これに関して交通新聞で詳細記事が載っていました。さすがに一般紙と違って業界紙なのでそれなりに詳細に説明してありました。 まず、鹿児島市電の変電所は交通局前と脇田の2箇所だそうです。交通局前にあると推定したのは正しかったのですけど、谷山線の専用軌道区間にも1箇所あったようです。考えてみると鹿児島市電は谷山線から先に開業した(民間の事業者として開業)経緯があるので、この区間(谷山-武之橋)の中間付近に変電所が置かれて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/14 13:00
[鉄道]氷雪冷房
北海道の氷雪を保存しておいて夏に都市部に輸送し、冷房の熱源として利用しようという話があるそうです。以前からそういう話があるとは聞いてましたけど、本当にやろうとしているんですね。実際、冬場に大量に雪を氷室に保存しておいて、夏場の冷房・冷蔵庫の熱源として使うということは、もともとが降雪地という地方では行われていると聞きます。これを都市部に輸送してまでやってしまおうというのがこの氷雪冷房ですね。物を輸送するのは物凄くエネルギーを消費する行為なので、本当にそれがエネルギー効率的によい話なのか疑問に感じて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/04 13:00
[社会一般]ミネソタ橋崩落事故
私が台湾に旅行している間にアメリカ・ミネソタ州で橋の崩落事故があったそうで。ホテルのテレビでCNNが崩壊した橋の様子を中継しているのを見ていましたが、その時点では詳細はよくわかりませんでした。 橋の崩落というと、韓国ソウルの聖水大橋崩落事故とか、古くはアメリカのタコマナローズ橋とかを思い出します。日本でも最近新潟の朱鷺メッセ連絡通路が崩壊しました。そもそも設計・施工ミスであるもの(タコマナローズ橋と朱鷺メッセがその例、タコマナローズはその当時の技術では振動対策のことが良くわかっていなかったのでミ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/04 13:00
飛行石
本来は昨日のネタなのですけど…。昨日、「天空の城ラピュタ」が放送されていました。もう何度目だろうという放送なので、報道ステーションを見ていて、それが終わった頃にラピュタが崩壊するシーンのあたりだけ見ました。ラピュタが崩壊すると残った部分が飛行石の力でどんどん空高く登っていってしまうわけですが、これって一体どこくらいまで登っていくの? ということで友人らと議論。第二宇宙速度に達することができれば地球の重力を振り切って地球圏外に離脱することができるわけですが、単純な宇宙速度は初速を出した後は慣性飛行... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/16 13:00
ベーリング海峡トンネル
ロシアがベーリング海峡を横断してシベリアとアラスカを結ぶ海底トンネルの建設を計画しているという話が出てきました。これは本当に驚きです。ロシア領の先端部チュコト半島もアラスカ側もこの世の地の果てとも言うべき土地で、人工稠密な日本で建設された青函トンネルなどでも採算的にはほとんど無理のある話なのに、そういう地の果てにこんなビッグプロジェクトを考えてしまうというのが思いも寄らないことです。海底部の全長は102kmとありますが、技術的に掘ることは可能なのでしょうか。 そもそも、アメリカとロシアでは鉄道... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/23 13:00
臨界事故
あちこちの原子炉で制御棒の脱落事故が発生し、その一部では臨界にまで達していたのに隠蔽されていたということが最近になって次々と報道されています。今回問題を起こしているのは全て沸騰水型原子炉(BWR)。もう1種類の加圧水型原子炉(PWR)では問題は起きていません。というのも、沸騰水型原子炉では制御棒を下から差し込んで原子炉を止めるのに対して、加圧水型原子炉では上から差し込んで止めるので、加圧水型で制御棒を落っことすと原子炉に入って核反応を止める方向に働くのです。加圧水型の方式は本質的にフェールセーフ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/23 13:00
エネループ
私は旅行によく出かけるタイプで、その時は必ずデジカメを持っていって沢山の写真を撮ります。必ずしも写真撮影が趣味というわけではないのですけど、旅行に行った記録として大量に撮影します。そのため、デジカメは断然乾電池派という人間で、これまでずっと単3のニッケル水素電池を使えるタイプを選んできました。旅先で急にバッテリーを切らしてしまった時、そのあたりのコンビニに飛び込んでアルカリ乾電池を買えば撮影を再開できるからです。専用充電器を使うタイプが十分長持ちするのであればそういう心配はあまりないのかもしれま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/08 13:00
[社会一般]低炭素社会シナリオ
国立環境研究所が2050年に向けた日本の低炭素社会シナリオというものを公表したというので、早速ウェブサイトでざっと読んでみました。うまくすれば2050年までに二酸化炭素排出量を70%削減できるというシナリオだそうです。トップページに要点が記述されていて、分野別の削減見込みが示されています。やはり産業分野は既に省エネルギー対策がかなり進展しているため20?40%とかなり低く、運輸旅客分野が80%と一番高い見積もりになっています。実際、運輸旅客分野はそれほど技術革新が起きなくても皆が公共交通を利用す... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/16 13:00
美浜原発3号機再起動
蒸気配管が破裂し高圧蒸気が漏れて死傷者が出た事故によりしばらく停止していた関西電力美浜原子力発電所3号機が今日再起動したとのこと。その過程で冷却水に混ぜるホウ酸の量を計算し間違えて一度起動に失敗したそうです。ホウ酸水が核反応を抑える性質を持っていることは知っていましたが、制御棒を抜いても臨界に達しないことがあるくらい反応を抑制する力があるというのは知りませんでした。ちょっと調べてみたら、核反応が暴走しても制御棒を挿入できない非常事態に備えて原子炉にホウ酸水注入系を備えているようですね。一度核反応... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/10 13:00
韓国の経緯度原点変更
朝鮮日報の記事を読んで初めて知ったのですが、これまで韓国の経緯度原点は日本統治時代をそのまま引き継いで東京にあったのが、この18日に初めて韓国内に移転したのだそうです。それもソウルではなく鬱陵島だそうです。なんでまたそんなところにと思ってしまいます。独島記念館前なのは日本へのあてつけでしょうけれど。 経緯度原点というのは、そこでまずできる限り精密な天体測量を行って緯度と経度を決定し、そこから全国へ三角測量で測定する三角点網を広げていくための原点になる場所です。各三角点でも天体測量は行いますが、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/20 13:00
[交通]伊良部大橋
月末に行く石垣・宮古についていろいろと調べていて、この3月に伊良部大橋が着工されていたことを初めて知りました。前から構想があったことは知っていましたが、本当にやるとは信じられません。 沖縄の島々は、大きく分けると沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島に分けられるかと思います。明らかにこの3つのどれにも入らない大東諸島もありますが。尖閣諸島もちょっと離れていますが行政区分的には石垣市なので八重山でしょう。このうち宮古諸島は宮古島を中心とする島々で、今度の合併で宮古郡多良間村を除く市町村がすべて合併して宮古... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/21 13:00
冥王星惑星から外れる
先日言われていた、セレスとカロンと2003UB313も惑星に加えて太陽系の惑星の数を12個にするという話が一転して、冥王星を惑星から外して8個にするという結論で決まったようです。銀河鉄道999の話の中で冥王星が出てきたので、ニュース番組のインタビューに松本零士氏を引っ張り出してきて「とても寂しい」とか何とか言わせていましたけれど、多くの人が星に勝手な感傷を抱くのはわからないではないのですが、科学的には大変妥当な決定ではないかと思われます。アメリカの政治的圧力とかで変な方向にねじ曲げられなくてよか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/25 13:00
惑星の数増える
既にあちこちでニュースになっていますが、惑星の定義を変えてあと3つ増えるかもしれないとのこと。以前から冥王星が惑星と呼べるのか怪しいと言われていたのに、アメリカ人が発見した星であるために何とか惑星に残すべく逆に定義を変えてしまおうという圧力があるとか何とか。さすがアメリカです。それはともかく、教科書の心配はあるとしても、占星術の心配とはこれ如何。そんなことで占星術の結果が変わってしまうのでは、結局のところ人間の定める定義次第で如何様にも結果が変わるということです。もとより占いなのでそういうものだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/17 13:00
ロボット博物館
日本初のロボット博物館が名古屋に誕生だそうです。最近財政破綻して財政再建団体に転落して有名になった夕張市にある夕張石炭歴史の村の中にロボット博物館があるのはすっかり無視されているのでしょうか。まぁ、あそこのロボット博物館は見る価値があるのか?というような展示内容ですけど。あそこで本当に価値があるのはSL資料館と石炭資料館だけではないかと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/30 13:00
二酸化炭素の地中処分
地球温暖化対策として二酸化炭素の排出量を削減しようとしているわけですが、経済産業省が二酸化炭素の地中処分施設の整備を進めるとのこと。二酸化炭素の発生そのものを減らす対策の他に、発生した二酸化炭素を回収して処分してしまうという方法でも大気中の二酸化炭素が増大するのを押さえられるわけですが、低コストで役に立つ程度の規模でそれが実現可能なのか疑問でした。年間2億トンもの二酸化炭素をこの方法で本当に処分できるのであれば期待できますね。ただ2020年代を目処ということなので、京都議定書の期限には間に合いま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/19 13:00
馬毛島に貨物中継用飛行場建設計画
桜島の記事を地元の南日本新聞社のウェブサイトで調べていて見つけました。馬毛島に貨物飛行場建設計画だそうです。馬毛島というのは種子島の北西にある無人島で、行政的には種子島にある西之表市に属しています。かつては人が住んでいたものの今は馬毛島観光という開発会社がほとんど全島の土地を1社で所有しています。日本で2番目の面積を持つ無人島だそうで、結構大きいです。割とキャンプ活動とかで島に行ったという話を聞くこともあります。またかつては日本版スペースシャトル"HOPE"の着陸場建設地点として想定されていたこ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/16 13:00
東西連系ガス導管
今月の電気学会誌の表紙を見て初めて知ったのですが、東京電力が東京湾の両側に持っているLNG基地同士を結ぶために、東京湾を横断する東西連系ガス導管なるものを建設したようです。海底ガスパイプラインではなく、海底トンネルを建設してその中にガス管を敷設した模様。最初に電気学会誌の表紙で東京湾を横断して線が引かれている図を見たときには、わざわざガスを通すためだけにそのような長いトンネルを建設するというのはにわかに信じられませんでした。川崎の扇島から千葉の富津まで延長は約18km。東京湾アクアラインの時に相... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/10 13:00
エレベータの事故(その2)
2日前に多少なりとも弁護するようなことを書いたわけですが、同じシンドラー社製のエレベータで次から次へとトラブルを起こしている話が出てきているようです。本当にこんなに多いのであれば、世界で一番品質に五月蝿い日本の市場をなめているとしか思えないです。 ただ、事故が起きた時のメディアの一過性の叩きの可能性もあるので、冷静に事故発生確率を調べなければやはりなんともいえないと私は考えます。JR西日本の福知山線脱線事故の時も運転士の教育システムが懲罰的でよくないとか遅延回復のプレッシャーを掛けすぎていると... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/07 13:00
[社会一般]エレベータの事故
エレベータが階に着いて人が降りようとしている時に、扉が開いたままかごが動き出して階の天井とかごの床の間に人が挟まれ、その人が死亡する事故があったそうです。戸開走行(とかいそうこう)というエレベータではとても重大とされる事故のようです。エレベータはとても安全性の高い乗り物で、通常人が死亡するような事故など起きないはずなのですが、扉が開いたまま動くというのはインターロックが壊れているのでしょうか。 今回の事故を受けて、mixiの「J2棟のエレベータが面白い」コミュニティ(リンク先はmixiの会員だけ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/05 13:00
「はやぶさ」イオンエンジン起動試験成功
小惑星イトカワに着陸に成功した後姿勢を崩して一時期地球との連絡が取れなくなっていた探査機「はやぶさ」ですが、通信を2月に回復していて、さらに今回イオンエンジンの軌道試験に成功したとのニュースがやってきました。4つあるイオンエンジンのうち2つで成功していて、2つが動作すれば地球に帰還が可能だそうです。2007年春に地球へ向けて出発予定とか。宇宙空間に長く滞在するほど強い放射線の影響などで機器に故障が発生しやすくなってしまうのが心配ではあります。当初2007年の夏に帰還予定だったのに、2010年夏に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/01 13:00
温室効果ガス排出量統計
環境省から2004年度の温室効果ガス排出量統計が出たとの由。2004年度が終わってから1年以上経っているわけですが、集計するのにそれくらいの時間が必要なのでしょう。 この統計によると、2004年度の温室効果ガスの排出量は京都議定書の基準年である1990年度と比べて8%増加です。日本の排出量削減義務は-6%なので、全く達成できそうもないですね。環境省のコメントで「京都議定書の6%削減約束を確実に達成していきます」とありますが、具体的方策が伴っていない感があります。チームマイナス6%みたいなキャンペ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/28 13:00
エレベータ技術座談会
水曜日にグループで送別会をやったのに続いて、今日は部の送別会がありました。私が座った机ではなぜかエレベータの技術についての話で盛り上がりました。いつもこういう話をしているわけではないのですが。イスラム教国向けのエレベータでは、安息日(全ての労働が禁じられる=エレベータのボタンを押すことも禁止)にボタンを押さなくても全ての階に停止して扉の開閉を繰り返すというモードが用意されているのだとか。また、1回ボタンを押すとその呼びにだけ反応して客を乗せると目的階へ直行し、その間他の呼びはキューに入れておくだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/31 13:00
[社会一般]志賀原発2号機運転差し止め判決
北陸電力志賀原発2号機の運転を差し止める判決が出たとのこと。今日この裁判の判決が出ることなど事前に全然報道されていなかったのに突然大ニュースになったのが、あまり期待されていなかった裁判で意外な判決が出たということを表しているように思います。報道ステーションを見ていると、裁判所の前で待っている支持者の前に勝訴の垂れ幕を持って中から人が走ってくると「ウソ」という声が上がっていましたからね。 さて、判決なのですが、少しでも地震で原発に被害が及ぶ可能性があれば差し止めが認められるという論理なのでしょうか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/24 13:00
群管理エレベータ
会社からの帰りに、うちの近くにあるショッピングセンタに寄りました。7階建ての結構大きなショッピングセンタです。今時その程度の規模のものならどこにでもあるではないかと言われれば確かにそうですが。ここのビルの階間移動に用いられるエレベータは2箇所に2台ずつ設置されていて、この他にエスカレータも設置されています。このエレベータなのですが、同じ場所に2機設置されているのにひどいことに群管理されていません。つまり、通常のエレベータを2台同じ場所に並べて据えただけなのです。群管理されている場合、1つのエレベ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/09 13:00
「はやぶさ」との通信回復
小惑星イトカワに送り込まれて着陸に成功したものの姿勢制御がうまくいかずに太陽電池の発電量の低下から一時的に通信が途絶していた探査機「はやぶさ」との通信が回復したとのこと。姿勢制御がうまくいかずにコーニング運動というものを起こしていたので、太陽に太陽電池を向けることができずに電力が落ちていたとのことですが、これが自然に収束して太陽の方向を向き、電力が回復して通信ができるようになったようです。コーニング運動というものがよく分からなかったので調べてみたところ、首振り運動とか歳差とも呼ばれているもので、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/08 13:00
オール電化とコジェネレーション
先週の日経ビジネスで、電力会社対ガス会社のオール電化/コジェネレーション対決を興味深く読みました。電力会社は電力消費を増やすためにエコキュートという商品名でオール電化を推進していて、調理にはIHクッキングヒータを、給湯には電気温水器を使うシステムを売り込んでいます。一方ガス会社の方はガスの販売を増やすためにエコウィルという商品名で、家庭にガスを利用した発電機および余熱を利用した給湯システムを売り込もうとしています。電気を作るときに一緒に出る熱も積極的に利用するので熱電併給(コジェネレーション)と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/03 13:00
循環式エレベータ
日立が循環式のマルチカーエレベータの実証モデルを開発したとか。概念としては昔からあったものですが、面白いですね。従来方式のエレベータでは1つのエレベータシャフトに1台のかごしか入れることができなかったので、建物が高くなってシャフトが長くなるほどかごの占有率が低下して、シャフトが占有する空間に対して輸送効率が落ちていくという問題がありました。これを避けるためには鉄道のように複数のかごを1つの共有シャフトで運行すればよいというのは誰でも思いつくことです。ただし、通常のエレベータではかごをワイヤで吊る... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/03 13:00
ちきゅう
昨日はH2Aロケット8号機打ち上げが無事成功し、また19日には冥王星探査機「ニューホライゾンズ」が冥王星へ向けて出発しました。昨年の「はやぶさ」の話もありましたし、最近宇宙関係のニュースがなかなか興味深いです。ですが、「はやぶさ」では3億km離れた小惑星「イトカワ」を探査し、「ニューホライゾンズ」では実に48億km離れた冥王星まで探査しに行くというのに、まだ我々のすぐそばに手が届いていない世界があります。それは我々の住む地球の内部のことで、実は人類はこれまでせいぜい2km程度しか地面の下へ掘った... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/25 13:00
H2Aロケット8号機打ち上げ成功
ライブドア騒動ですっかり影に隠れていますが、種子島からH2Aロケット8号機が打ち上げられ無事に成功したとのこと。陸域観測技術衛星「だいち」の軌道投入に成功しました。実は2月にはH2Aロケット9号機の打ち上げも準備されていて、種子島の射点では2機のH2Aロケットが並んで準備される初の光景が見られたそうです(種子島にH2A用射点は2つあるそうです)。なかなか壮観な光景ですね。一方、この衛星は環境保護に役に立つということでロケットにエコマークが貼られていたということですが、膨大な燃料を消費して高価な機... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/24 13:00
「はやぶさ」帰還延期
探査機「はやぶさ」の帰還が延期されることが正式に決まったようです。早速松浦さんのところを見てみると、姿勢制御ができなくて地球との通信も満足にできないような状況になっていて、地球への帰還を指示できる状態ではないようです。ただし、現在「はやぶさ」に発生している運動は自然に減衰する種類のものなので、減衰を待って姿勢が安定してから通信を再開して状態の把握と復旧に努めるという方針のようです。帰還軌道の関係で帰還時期は3年も延期になってしまうようです。3年も長く環境の厳しい宇宙に滞在して搭載機器は大丈夫なの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/14 13:00
「はやぶさ」現在の状況
いつも参考にさせてもらっている松浦晋也のL/Dによると、試料採取用の弾丸は発射されなかった可能性が高いことが明らかになったそうです。一度は確実と言っていたのですが、とても残念です。相互に矛盾するようなデータも含まれているそうなので解釈に困っているところもあるのでしょうし、イトカワから離脱した後しばらくは著しく通信が困難になっていたので、今頃になって分かってきたのはそれでもかなり前進でしょう。8bit/sの通信とか、想像を絶する記述が見えます。数々の困難に直面しながら少しずつ状況を把握し手を打って... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/07 13:00
「はやぶさ」再着陸と試料採取に成功
やってくれました。再度の着陸と試料の採取に成功したそうです。ターゲットマーカーは今回は落とさず、前回落としたものを発見できたのでそれを使って降下したとか。自律航法で着陸するのだから、同じマーカーを目指して降りると同じところで障害物を発見して離脱モードに切り替わるのではないかと思ったのですが、パラメータをチューニングして同じ障害物では離脱にならないようにした模様。実際、前回と同じあたりで障害物を発見したものの今回は離脱シーケンスにならなかったようです。それで問題なく着陸できたので、結局過敏に反応す... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/26 13:00
「はやぶさ」イトカワに着陸
一時情報が混乱していましたが、小惑星探査機「はやぶさ」はどうやらイトカワに着陸していたらしいということが判明したようです。当初一瞬だけタッチダウンしてサンプルを回収すると素早く離脱する予定だったのが、30分近くイトカワ表面に留まっていたようだ、という話。表面の輻射熱で温度が上昇したために離脱したそうです。障害物検知機能が働いて離脱モードになったのに着地してしまったため、着陸検知機能と連動したサンプル回収機能が作動せず、うまく小惑星表面の岩石のサンプルを回収できなかったようです。しかし舞い上がった... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/23 13:00
「はやぶさ」イトカワ着陸へ
小惑星探査機「はやぶさ」がいよいよ小惑星イトカワへ明日着陸を試みるようです。一般のニュースではがっかりするくらいしか扱ってくれないのですが、これはかなり偉大なミッションです。地球外に飛び出した人工天体は数あれど、小惑星帯(火星と木星の間)まで行って小惑星に着陸し、そこからサンプルリターン、つまり試料を採取して帰ってくるのは人類初なのです。現在「はやぶさ」は地球からちょうど太陽の反対側にある地点まで行っていて、片道の通信時間が16分掛かるため地球からの制御は困難です。このため、イトカワへの着陸は内... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/19 13:00
スペースシャトル帰還
スペースシャトルディスカバリーが無事に帰還したそうで、何はともあれめでたいことです。しかしフロリダの基地に降りることができなかったためにカリフォルニアから747の背中に乗せて空輸で連れ帰ることになったそうで、なかなか楽しいことです。 で、747によるシャトル空輸と聞いて思い出すのが、ソ連版スペースシャトル「ブラン」の空輸用に開発されたアントノフAn225ムリヤ(NATOコード名コサック)です。あれは一体どうなったのだろうと思って調べてみると、ブラン計画が予算不足で凍結されてしまって以来ずっと放置... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/10 13:00

トップへ | みんなの「科学技術」ブログ

日々題 科学技術のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる