JRの売り上げ減少

私はどうにか体調が回復して、今日から出社しました。しかし世の中はCOVID-19の問題で大騒ぎですね。正直、毎年インフルエンザの方が多くの死者を出していると思うのですが…。 JR東日本の売り上げは2割くらい減っているとのこと。これは結構驚きです。定期券が払い戻されるわけではないと思うのですが、Suicaの乗車券機能で乗っている人も…
コメント:0

続きを読むread more

秋田新幹線新トンネルのB/C比

昨日に引き続き体調が悪く会社を休んでいました。気分は悪くないのですが、非常に咳が良く出て、昨今の状況では遠慮しようということになりました。 秋田新幹線の岩手・秋田県境区間に新しいトンネルを設けようという検討をしている話が出ていました。秋田県で試算した経済波及効果の調査結果が出ているようです。一見、建設費が約700億円に対して経済波…
コメント:0

続きを読むread more

体調不良

今日は体調が悪くて会社を休んでいました。話題のCOVID-19とは関係がないと思いますが。娘が、鼻水を垂らして熱を出す風邪をひいていたので、それが伝染ったのだろうと思っています。私も同じような症状です。娘の体調が悪くても近くで世話をしなくてはいけないので、親はてきめんに感染しやすいですね。 のどががらがらして咳が良く出ます。私の場…
コメント:0

続きを読むread more

新幹線のニュース提供終了

東海道新幹線のデッキと客室を区切る扉の上についている電光表示装置でのニュース提供が終了するそうです。あれは結構好きだったんですけどね。みんなスマートフォンで見るからどうでも良くなったのでしょうか。 あれを見て思い出すのは、インターネットが一般に普及し始めた頃にもてはやされたPointCastというサービスのことです。能動的にウェブ…
コメント:0

続きを読むread more

新北陸トンネル工事遅延

北陸新幹線の敦賀延伸区間にある新北陸トンネルの工事が遅れているようです。 既に98パーセントの掘削率まで進捗していても、残っている区間で結構時間を要するものなんですね。全長19.7キロメートルのトンネルで98パーセント進捗だとすると、残りの距離は400メートルほどに過ぎないはずなのですが。時間がかかるものです。まあほくほく線の鍋立…
コメント:0

続きを読むread more

娘の体調

今日は娘の体調が悪く、休日診療のセンターへ連れて行きました。 昨日の夕方の段階で既に鼻水を垂らしていて心配しており、夜寝ている間も呼吸が苦しそうにしていました。今朝起きてきてもやや体調が悪そうではあるものの、それほど問題ないかなと思っていたら、昨晩あまり眠れなかったのか午前中にソファに座った状態でかなり寝ていました。熱を測ってみる…
コメント:0

続きを読むread more

柏梁鉄道

神戸新聞が、柏梁鉄道という未成鉄道構想についての記事を出しています。福知山線柏原駅から山陰本線梁瀬駅までを結ぶ鉄道の構想だったようです。こんなものがあったんですね。 『鉄道未成線を歩く 私鉄編』巻末に掲載の、免許/特許されながら未成に終わった鉄軌道の一覧を見てもこの鉄道は載っていないので、申請に至らなかったか、申請しても却下された…
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレール延伸区間駅イメージパース公開

大阪モノレールを南側へ、近鉄奈良線と交差する仮称瓜生堂駅まで延伸する事業が始まっていますが、駅のイメージパースが公開されたそうです。少しずつ進んでいるようです。 この記事を読んでいて驚いたのが、荒本駅のところですね。近鉄けいはんな線の荒本駅を経由するために、モノレールがたどる中央環状線から東に離れて駅を設ける場所なのですが、イオン…
コメント:0

続きを読むread more

エクスプレス予約QRコード乗車サービス

エクスプレス予約/スマートEXについて、2021年春から訪日外国人向けのQRコード乗車サービスを開始する(PDFファイル)そうです。QRコードを読み取るカメラを自動改札機に付けるんですね。 やはり何と言っても、ICカードに比べるとQRコードの読み取りは時間がかかってしまうので、自動改札機が詰まりがちになります。通勤輸送であれば致命…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮LRT西側延伸検討

LRTの建設が進められている宇都宮市ですが、宇都宮駅から東への現行建設中路線に加えて西側へも延長しようという構想があります。その検討資料が出ている(PDFファイル)のを見ました。 JR宇都宮駅で、在来線の上、新幹線の下を通る高架を設けて横断しようという計画なんですね。その後、東武宇都宮駅の前を通るルートでひたすら西から西北西へ向け…
コメント:0

続きを読むread more

アルストムのボンバルディア買収

アルストムが、ボンバルディアの鉄道事業を買収するそうです。以前はシーメンスがアルストムを買収するという話で合意していたのですが、結局独禁法関連で承認が得られず、白紙に戻っています。またアルストムは発送電事業も行っていましたが、こちらについてはGEに売却しています。結構複雑に事業が再編されていますね。 アルストム、シーメンス、ボンバ…
コメント:0

続きを読むread more

四国新幹線のシンポジウム

関空・紀淡・四国高速交通インフラ期成協議会なる組織が、紀淡海峡経由の新幹線を造って徳島空港を関西空港の第3滑走路にとぶち上げるシンポジウムを開いたそうです。一応、このルートは全幹法の基本計画線ではあるのですよね。 関空を経由して紀淡海峡を通り大鳴門橋へという新幹線は可能なのでしょうか。新大阪から伸ばして、関空へ突っ込んで終わり、と…
コメント:0

続きを読むread more

福島駅の山形新幹線アプローチ線を複線化

JR東日本が、福島駅の山形新幹線アプローチ線を複線化するそうです。日本鉄道施設協会誌に検討の記事が出ているのは読んでいたのですが、本当に着手するとは驚きです。 現状、福島駅は東北新幹線の下り線、それも副本線だけから分岐して山形新幹線へと通じるアプローチ線があります。このため、上り列車は下り副本線に逆進入しなければならず、その先で本…
コメント:0

続きを読むread more

娘の世話

うちでは、妻が専業主婦として家事と子育てをほとんど負担してくれています。ずっと家にいて娘の面倒を見続けているのはストレスが溜まるということもあって、今日は私が娘の面倒を引き受けて、妻は梅田にミュージカルを見に行くということになりました。劇団四季のリトルマーメイドだそうで、見てみたかったのだそうです。 10時頃、私が先に娘を公園に遊…
コメント:0

続きを読むread more

エコパーク水俣付近に新駅検討

肥薩おれんじ鉄道が、エコパーク水俣付近に新駅検討だそうです。地図を見てみると、確かに公園のすぐ目の前を通過するんですね。 このエコパーク水俣は、チッソが水俣病の原因となった有機水銀を含んだ廃液を流していたために、海底に高濃度の有機水銀汚染物質が溜まってしまった場所を埋め立てて造った施設です。水俣病の資料館があったり研究センターがあ…
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線第2竹田川橋梁

北陸新幹線の敦賀延伸工事で、福井県内の第2竹田川橋梁が2月12日につながったそうです。 径間が125メートルあって、同様の形式の国内鉄道橋では最長とかかれていますが、何の形式なのかを書いてくれないと意味がないような。写真を見てもよくわからないですけど、PC箱桁橋でしょうかね。アーチ橋なんかだともっと長い橋があるはずですし、もちろん…
コメント:0

続きを読むread more

新幹線基本計画線のドラスティックな提案

『鉄道ファン』の先月号(2月号)をようやっと読み終わったのですが、ニュースのコーナーで、自民党の議員で、新幹線の基本計画線をすべて短期間で建設せよ、財源はすべて国債、毎年2兆円規模でやろう、という提案をしている人がいるのだそうです。なんともドラスティックな案ですが、実現性がないですね。 整備計画にも進まずに残されている基本計画線は…
コメント:0

続きを読むread more

酒田のケーブルテレビ会社の凄い状態

酒田市で地上波テレビ放送の難視聴対策として再送信のケーブルテレビ事業を行っていた企業が、社長の死亡、放送停止、法人の解散という凄い状態になっているようです。こんなことがあるんですね。 そもそも、地上波テレビ放送の再送信のみを業務としているとはいえ、社長たった1人で業務が行われていたということが信じがたいです。一応営業業務みたいなこ…
コメント:0

続きを読むread more

クレジットカード障害

JRの発券システムでクレジットカードが使えなくなる障害があったそうです。割とすぐに復旧したようですが、それでも3時間ほど止まっていたようで。 データベースに不具合が起きたのが原因だそうです。JRグループですべて一括してクレジットカードを処理しているというのが意外でした。それぞれの会社でCATを導入しているのかと。マルス経由で処理し…
コメント:0

続きを読むread more

車掌置き去り事件

JR北海道で昨日(8日)、特急「スーパー北斗」に乗務していた2人の車掌のうち1人が誤って苫小牧駅で取り残され、タクシーで追いかける事件があったそうです。以前も聞いたことがあるような事件ですね。 1人が降りている間に、もう1人が誤って扉を閉めて出発させてしまったようです。本来は通過のはずの次の駅で停車して待っていて、タクシーで追いつ…
コメント:0

続きを読むread more