娘の病気

今日で夏休みの連休が最後でした。夏休み最初に湯布院へ行くことになったので、妻の実家の方へは最後に行くことになり、金曜日から2泊3日で滞在していました。 今朝になり、娘の体温が高く、測ってみると38度を超えているようでした。すぐに病院へという感じではなかったので、しばらく様子を見ることにしたのですが、この分では2時間近いドライブにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾高鐵宜蘭延長提案

台湾高速鉄道を、台湾東部の宜蘭へ延伸する検討が出ているそうです。 現状、台湾北部では台北駅が高速鉄道の末端ですが、それより先の南港駅まで延長する工事が実際に進められています。一方南部では左営駅が末端で、そこから高雄駅まではあと少しなこともあり、こちらはかなり真剣に延伸の話をしていますが、まだ着工していないようです。ちょうど先日、屏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港への船便

JR東日本が、羽田空港への船便を考えているそうです。それはまた驚きです。 羽田空港への新線の建設は本当に進めるつもりのようです。しかし、それと並行して船もやるのですね。船だととても所要時間でも利便性でも鉄道には勝てないと思うので、観光的な側面を入れるのでしょうけど。羽田空港側では船はどこに発着するのでしょうか。そもそもターミナルビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国鉄道博物館

中国の鉄道博物館についての記事が出ています。パシナも公開されるようになったんですね。 中華の星の展示があるのがいいですね。これのどこが不味くて本格展開できなかったのか、知りたいところです。そういう情報はなかなか表に出てこないのでしょうが。また撫順の炭鉱の通勤鉄道について、観光客誘致のために復活させる構想があるんですね。これも興味深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風10号予告

明日は台風10号が西日本に来襲する見込みのようで、早速計画運休の発表がありました。山陽新幹線は新大阪-小倉を全面運休するそうで、小倉-博多も1時間に1本程度の運行だそうです。 盆の帰省ラッシュシーズンで元から利用が多いところに、この運休が重なってしまって、大変な混乱をしているようです。今日14日だって、元からほぼ最大限のダイヤを組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふしぎな鉄道路線: 「戦争」と「地形」で解きほぐす

『ふしぎな鉄道路線: 「戦争」と「地形」で解きほぐす』を読み終わりました。サブタイトルになっている「戦争」と「地形」とあるように、明治から昭和戦前期までの、日本の鉄道路線のルート選定における軍事と地形の影響を解説した本です。 よく、海岸線付近は敵の攻撃を受けやすいので、鉄道を敷設することに軍部が反対した、と言われます。その流れで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポッポランド再建計画

福知山にある鉄道保存施設「福知山鉄道館ポッポランド」は、建物の老朽化で耐震性の問題があり、移転場所を確保する費用もないということで、昨年4月から1号館が休館となっており、C58蒸気機関車1両を展示している2号館のみ公開されている状況になっています。このほど、個人から2億円の寄付があったそうで、再建計画が変更されることになったそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新複合機導入

新しいプリンター(複合機)を導入しました。以前から使っていたプリンターは壊れたわけではなかったものの、かなり古くなっており、スキャナーの動作が遅いと感じていたこともあって、今回買い替えました。前回と同じくEPSON製でEW-452Aという機種です。かなり安価でした。 A3までスキャンできる機種もかなり安価になってきており、非常に興…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湯布院旅行2日目

湯布院旅行2日目です。朝はのんびり宿を出発しました。2台で連なってやまなみハイウェイをのんびり走りました。しかし途中で娘がぐずりだし、まったく予定にないところで車を止めて、しばらく外を歩かせることに。やはり幼いとこういうことがありますね。 2年前にやってきたものの、濃霧で何も見えなかった大観望を再訪しました。物凄い景色ですね。こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院旅行1日目

家族で1泊2日の湯布院への旅行に出かけてきました。ちょうど父が古希を迎えたので、そのお祝いで、実家から両親と妹が3人で車で湯布院へやってきて、それに我々夫婦と娘が合流するという形です。さすがにまだ1歳2か月の娘を連れて行こうとなると、いろいろ大変です。 いろいろ荷物も多いので、伊丹空港まで自家用車で出かけました。近くの民間駐車場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホクレン、本州北海道間貨物列車の維持を訴える

ホクレンが、北海道と本州を結ぶ貨物列車の存続を訴えたそうです。まあ、北海道への貨物鉄道網の最大の受益者でしょうからね。 実際のところホクレンは、鉄道貨物をたくさん使っていますが、しかし道外に送る農産物の内3割余りが鉄道利用、と記事に書かれている通り、実際には過半数は船なんですよね。鉄道ジャーナルなどの記事で見ても、RoRo船でトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国交省が静岡県とJR東海の仲介に乗り出す

未だに静岡県とJR東海の間で揉めている中央新幹線の静岡県通過区間について、国土交通省が仲介に乗り出すそうです。さすがにこれだけ揉めているとねぇ。進捗が遅れるのも困る話ですし。 しかし、沿線の他の自治体に対して「ご理解を示していただいた」などと静岡県知事は行っていますが、どこもとりあえず話は聞いた程度の反応だったはずで、かなり冷やや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台市営地下鉄への貸付金問題

仙台市民オンブズマンが仙台市に対して、仙台市営地下鉄への貸付金を公金から支出するのは違法として起こした訴訟があり、原告側の請求が棄却されたそうです。うーん、なんというか…。 これは、公金の出資なら良かったという主張なんですかね。議会の議決を経て出資するならば公金の用途に値するということなら、まだ意味は分かりますが。今後とも出資が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デルタ航空2020年成田撤退の見込み

デルタ航空が、2020年にも成田空港から撤退して、全路線を羽田空港に移管する見込みだそうです。デルタが吸収合併したノースウエスト航空の時以来、ノースウエスト/デルタにとって東アジアにおける最重要拠点だったはずの成田空港ですが、ついにこんなことになるようです。 まあ、日本の国内線との乗り継ぎを考えると、羽田空港の方が圧倒的に便利です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けいはんな線延伸構想の比較

先日、近鉄けいはんな線の延伸構想で、近鉄京都線の高の原駅ではなく、新祝園駅へ伸ばすものもある、という話が出ていました。これに関して地元の木津川市と精華町が誘致合戦をしているようです。 新祝園ルートだと、建設費は概算570億円、高の原ルートだと350億円だそうです。距離の差と駅数を考えるとこんなものでしょうか。しかし利用者数は1日あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

羽田空港アクセス線の乗り入れ列車

鉄道評論家の川島氏が、讀賣新聞で羽田空港アクセス線について語っています。この方は技術面はあまり信用できないですし、歴史的な経緯もいい加減なことを書いたことがありますが…。 山梨県や茨城県方面からの直通特急列車を期待する、と書いていますね。最初に着手すると表明している東山手ルートだと、山梨県側からの直通特急列車を設定するのはまず無理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線並行在来線財源確保要望

新幹線並行在来線の維持のために、12の沿線道県が財源確保を求める要望書を提出したそうです。 もっとも問題になるのは北海道ですよね。鉄道で運ぶほどのローカル旅客需要はありませんから、ほとんど貨物列車のために設備維持をすることになるわけで。しかし北海道にとっては、その貨物列車自体が自分たちの生活にかかわる貨物を運んでいるわけで、単に他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日田彦山線南部区間の押し問答

2017年の九州北部豪雨で被災して不通のままとなっている日田彦山線南部区間について、住民説明会があったそうです。相変わらず地元の人たちの大半は鉄道での復旧を求め、地元自治体も鉄道を求めているそうですが、一切の財政支援をする気はないようで、これでは無理でしょうね。 国鉄分割民営化前の試算では、毎年5パーセントの運賃値上げをする前提で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相鉄直通関連記事

相鉄の直通に関する記事が出ています。 相鉄が直通すると武蔵小杉の混雑は増すか、ということですが、武蔵小杉と相鉄沿線の間の移動需要は直接的にはそこまでないでしょうし、川崎方面との連絡だってそこまで需要はないだろうと予想します。したがって、わざわざ武蔵小杉で降りるようなことはなく、現行の横須賀線・湘南新宿ラインの本数が純減になるのでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウェーデンのMaaS

スウェーデンのMaaSの取り組みについての記事が出ています。MaaS (Mobility as a Service)は、各種公共交通手段を統一したサービスとして提供することで利便性を高めること、と記事にある通りですね。 こういうのは日本は凄く苦手ですよね。いまだに事業者ごとの垣根が高いですし。そもそも、MaaS的なサービスを実現す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more