ツッコミメール不調

この日々題ではtDiaryのプラグインを利用して、日記にツッコミ、トラックバックを頂くと私のところにそれを通知するメールが来るようになっています。ところが、昨日くらいからそれが不調。8日未明に頂いたツッコミの通知はやってきたのですが、9日未明に私が返信したツッコミの通知以降は届かなくなってしまいました。このことに気づいて早速原因を調査開始。
こちらでは何も設定をいじっていないので、まず疑うのは当然借りているレンタルサーバの不調です。とりあえず、ツッコミが行われた際にメールが送られるあて先(サーバの管理者メールアドレス…tDiaryの設定ページで設定されている)に、手元からメールを送ってみました。音沙汰なし。メールサーバが死んでいるのかな? レンタルサーバの会社のページで障害情報を調べるものの何も無く、メールに関する設定変更の告知もありませんでした。ドメインの使用期限ははるか先で、ネームサーバがおかしいといった様子もなし。tDiaryの設定変更で、ツッコミの際にメールが送られるアドレスを追加して自分のプロバイダのメールアドレスを指定してみると、そちらには問題なく届いているようなのでtDiaryの設定ミスなどではないことは確認。
右往左往して、これはレンタルサーバ会社のサポートに問い合わせを送ってみるしかないかなと思い出している頃に、ふとレンタルサーバ側の転送設定(サーバの管理者アドレスに届いたメールをどこに転送するか)を見てみると、なんとプロバイダのメールアドレスではなく大学時代の研究室のメールアドレスになっていました。もう随分前に設定したものなので忘却の彼方。そういえば、転居の際にメールアドレスが変わる(就職の時の転居ではなく、その1年後に再転居した時のもの。就職後最初の1年間はケーブルテレビのインターネットサービスだったので転居に伴って必然的に会社もアドレスも変わる)ので、新しいメールアドレスを取得するまでの間転送先をとりあえず研究室時代のメールアドレスにしておいたのに、そのまま変更するのを忘れていたのでした。研究室のメールアカウントやサーバのログインアカウントはそのまま存置されていて今でも自由に使えるのですけど、そのメールアドレスに届いたメールは現在のプロバイダのアドレスに転送されています。すなわち、レンタルサーバのメールサーバ→研究室のメールサーバ→プロバイダのメールサーバと2回転送されて手元に届いていたわけです。
じゃあ、研究室側の不調かな、と思ってみてみるとどうやらサーバが落ちているようですね。大学のサーバは設備保守に伴う停電で時折週末に止まってしまうのです。停電が復旧するとサーバも自動的に起動してくるように設定されてはいるのですけど。とりあえず、レンタルサーバの転送先を直接プロバイダに送るように設定変更して対処。これまでも何度かこういうことはあったはずですが、その期間はたまたまツッコミなどが何も行われず気づいていなかったもののようです。道理でspamが妙に少ないと思っていました(レンタルサーバも研究室も普段はspamだらけ)。果たして送信しかけのメールはサーバに蓄積されていて停電復旧後に再送されてくるのでしょうか。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック