年賀状

今日は年賀状の準備を実施。あらかじめ図案は描き始めてあったのでそれを最終決定して印刷するだけでした。既成の年賀状図案を利用すると簡単ですし綺麗なものになりますが、プリンタで同じものを量産するとはいえ、その印刷する内容を自力で作りたいと思ってしまいます。今年の年賀状(昨シーズンのものという意味)は戌年だったのでこれはちょうどよいとばかりに近鉄生駒ケーブルの犬電車(車体が犬の造形をしている)を撮りに行って題材に採用しましたが、今シーズンはいのししなのでこういうネタはなかなかなく、結局干支とは全く関係のないものとなってしまいました。ちなみにケーブルカーなので犬電車と釣り合いになっているもう1両がいますが、こちらは猫電車なので年賀状には全く役に立ちません(苦笑)。
プリンタのインク残量がかなり残り少なくなっていることを示すインジケータが点いていたので心配だったものの、実際に刷ってみたら宛名印刷まで含めて全部をこなすことができました。一応替えのインクカートリッジも準備してありましたけど。プリンタで量産した年賀状だと味気ないかもと思って、毎年一言は手書きで追加をするのに、今年はついに面倒くさくて放棄。実際、昨シーズン届いた年賀状を見てみるとそういうものが多いです。
なお、まだはがきには余裕があるので自分にも欲しいという知り合いの方がいましたら、住所をメールで送ってくれれば発送します。PDFでよければ電子メールでの発送も可。
今日は他に、今年後半に購入して自室で室内灯組み込みだとか車番インレタの転写などの作業を行った鉄道模型車両の実家への輸送を準備。直接手で持ち帰るのは大変な量なので、段ボール箱を準備して緩衝材を入れながら梱包してゆうパックにしました。もともと通販で購入してばかりなので緩衝材はその時に大量に付属してくることもあり、ある程度それをストックしておけば新たにどこかから調達しなくても手ごろなものが大量にあります。大きな段ボール箱が手に入らなかったため2個口になってしまいましたが、ゆうパックは2個口だとそれ専用の送り状があって宛名書きを1回にできる上に割引もあるのですね。近くのコンビニから早速発送してきました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック