クリミア半島情勢

クリミア半島情勢が緊迫していますね。こんな形で軍事介入が始まるとは思ってもみませんでした。

クリミア半島は、黒海に突き出したウクライナ領の半島です。しかし旧ソ連時代の初期にはロシア共和国側に含まれており、第二次世界大戦後の区画変更でウクライナに帰属した場所で、住民の多くはロシア人という事情があります。またウクライナ自体がロシアにとって西側に手出しされたくない自分の勢力圏という意識があるのでしょう。そのウクライナに西側寄りの政権ができたから、ということなのでしょうけど、だからといってこんなことになるとは。オレンジ革命の時だって武力行使にはならなかったでしょうに。

徽章を付けない「謎の武装勢力」がいきなりやってきて空港を占拠し始めた、という経緯が怖すぎます。武装ヘリコプターを運用して、ロシアの最新装備で身を固める「民兵」がどこにいるんだよと総ツッコミが入っていました。こんな形で、明確な武力行使をせずにやってきて占拠されたら、いつの間にか実効支配を失うというようなことになるのでしょうか。

今度はロシアの上院が軍事力行使を承認したというニュースが流れていますし、一体どうなることでしょうか。西側が本気で軍事力を行使してウクライナを支援するとも思えないですしね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック