おれんじ食堂Nゲージ模型化

肥薩おれんじ鉄道の供食サービス付列車「おれんじ食堂」が、TOMIXからNゲージ模型化(PDFファイル)されるそうです。

肥薩おれんじ鉄道で使っている気動車は、新潟トランシス製のNDCシリーズです。形式としてはHSOR-100形が標準です。「おれんじ食堂」もHSOR-100を改造して造ったものなので、基本的な構成は同じものです。多少の部品変更と後は印刷の差し替えだけで模型になるはずなのですが、どういうわけか、標準のHSOR-100を飛ばして「おれんじ食堂」から模型化されることになってしまいました。イベント列車にすると食いつきが違うと判断したのでしょうか。個人的には、ノーマルのHSOR-100が欲しいのですけど。また、ラッピング車両も用意されると嬉しいところです。

NDCシリーズは類似の車体であちこち出ているので、そういう車両を順次模型化してくれると嬉しいのですけど、TOMIXのような大手だと難しいのでしょうか。k

この記事へのコメント

とうこ
2014年09月12日 06:24
2両セットで予価ながら11000円っていう値段設定お安いと思うのですが、鉄道模型をしない人からすると高値に感じそうですね。
Tamon
2014年09月13日 01:18
うーん、2両で11000円は、Nゲージとしては高価な感じもしますね。
どんどん値段が上がっている感じがします。

この記事へのトラックバック