とさでん交通重大インシデント

高知県のとさでん交通伊野線で、タブレットを取り忘れて単線区間に進入する重大インシデントがあったそうです。

伊野線は、途中まで複線区間で、ある場所から単線に変わり、しかも信号機を用いた閉塞方式からタブレット閉塞に途中で変わる、という厄介な区間ですよね。しかし、単線で交換駅を出発する際には必ず信号を確認するか通票を確認するはずで、この運転士はまったくもってボケっとしていたとしかいいようがありません。

まあ割と低速で走っているから、実際に衝突するような事態にはなかなかならないのでしょうけれど、これは閉塞方式を統一するなどの対策が必要になるかもしれません。軌道なので、ATSを導入するというのもなかなか厳しい面があるかもしれませんが。GPSを用いた簡易運行管理システムでも投入して、ついでに保安面も警告する、といった仕組みがあれば面白いかもしれません。正式な保安装置にはなりえませんが。

しかしやはりこういう問題が起きるものなんですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック