ポッポランド再建計画

福知山にある鉄道保存施設「福知山鉄道館ポッポランド」は、建物の老朽化で耐震性の問題があり、移転場所を確保する費用もないということで、昨年4月から1号館が休館となっており、C58蒸気機関車1両を展示している2号館のみ公開されている状況になっています。このほど、個人から2億円の寄付があったそうで、再建計画が変更されることになったそうです。

これまでは、市の検討委員会で6か所に分散配置する構想になっていたそうです。しかしそれはさすがに見て歩くのが面倒すぎる気がします。北丹鉄道の機関車のレプリカが福知山西駅の跡地にあるそうで、それは見てみたいとは思っていたのですけど…。

寄付の条件で、1か所に集める保存施設を検討することになったそうで、これは楽しみですね。しっかりした内容の施設ができることを期待したいです。さすがに学芸員を置いたきちんとした博物館にまではならないのでしょうけれど。

それにしても、2億円も寄付できる個人とはどのような人物なのか気になるところです。

この記事へのコメント