隼人道路4車線化着工

東九州自動車道の一角を形成している鹿児島県内で姶良市と霧島市を結ぶ隼人道路について、4車線化工事が着工したそうです。2024年度完成の予定だそうです。

私が中学校の頃に開通したんですよね。国道の上に大きな橋が架かってなんだろうと思っていたら有料道路でした。当初はわずかな区間だけで、これだけの区間で有料道路を走る人などいるのだろうかと思っていましたが、その後東九州道がその先から延長されていって、今は鹿屋串良ICまでつながっていますので、かなり利用が増えたのではないかと思います。一時期無料化試行されていたことがあり、その時は大変な混雑でした。やはり有料を嫌って一般道を流れている車も多いのです。

しかし開通から30年近くが経つと、1日平均交通量は2万台なのだそうで、大変な数です。1日1万台を超えるくらいになると4車線化が決まることが多いようなので、これをかなり上回っていると言えます。1台に1人乗っているわけではないので単純な換算は難しいですが、鉄道の輸送密度の考えで行けば、ここは1日2万人以上が通過するかなりの幹線というわけであり、一般道の流れも考えると相当なものです。並行する日豊本線の輸送量はといえば、という話になってしまいます。道路の需要は今はこんなものなんですよね。

また新しく橋が架かるのでしょうか。地元に帰った時に見に行ければよいのですが。

この記事へのコメント