エクスプレス予約QRコード乗車サービス

エクスプレス予約/スマートEXについて、2021年春から訪日外国人向けのQRコード乗車サービスを開始する(PDFファイル)そうです。QRコードを読み取るカメラを自動改札機に付けるんですね。

やはり何と言っても、ICカードに比べるとQRコードの読み取りは時間がかかってしまうので、自動改札機が詰まりがちになります。通勤輸送であれば致命的なくらい遅いのですけど、新幹線なら可能であるという判断でしょうか。訪日外国人はSuicaなどのICカードを持っていないことが多いと言っても、オンラインで予約する際に一緒にICカードを買えるようにして、訪日後に空港駅のカウンターなどで受け取るシステムにしてもいい気がするのですけどね。

このほかにチケットレス乗車サービスで、複数人が予約した場合でもきっぷの発券をせずに乗れるようにするそうです。これは、全員分のICカードの番号を登録せよという話でしょうかね。

遅延が発生した場合に、未出発の列車に対しても予約できるようにするというのは、以前発表されていた件のように思います。現状では時刻表通りに走っている前提で、列車の出発時刻を過ぎると予約できなくなってしまいます。これを、実際の運行状況を反映して未出発なら予約できるようにするということですね。またこれに合わせて、遅れている場合のプッシュ通知も始まるそうです。乗車する個人を完全に追跡できているEXサービスならではという感じです。

こうなると、席番を固定せずに予約して、改札通過時にオンザフライで直近の列車の空席に割り当ててしまうようなサービスもあっていいのではないかと思ってしまいますね。

この記事へのコメント