加悦SL広場

今日は休みをもらって、3月いっぱいで閉園が発表されている加悦SL広場へ行ってきました。加悦SL広場は、一度は鉄道とバスを乗り継いで訪れていますが、今回は自家用車です。計算して見ると、自家用車で移動するとガソリン代と高速代で結構費用がかかり、1人なら鉄道で行ってもそう大差ないですね…。もっとも、バスが不便なのと他にも行きたいところがあったので。

最初に与謝野駅を訪問し、駅舎の中の資料室を見学しました。前回訪問時は野田川駅と言っていたのですが、京都丹後鉄道になった時に改称されました。加悦鉄道があったころを再現した模型や昔の配線図などが展示されていてなかなか興味深いです。戦時中の配線図だったのですが、加悦鉄道側にかなり大きなヤードがあって驚かされます。こんなヤードが必要なくらいに貨物輸送があったんですね。

与謝野町役場加悦庁舎のすぐ前にある加悦鉄道資料館は、残念ながらお休みでした。休日だけなんですね。何とか休日に来る予定を組めばよかったでしょうか。

加悦SL広場は、やはり閉園が発表されているからか、結構お客さんが来ていました。普段からこれだけ来ていれば良かったのでしょうが。展示されている車両自体は前回訪問時と変わりがありませんが、少し配置が変わっているような気が。とりあえずあちこちパチパチと写真を撮ってきました。

最後に、由良川橋梁を見に行きました。当然、乗って通過してはいるのですけど、外から見たことがありませんでした。割と水面近くに橋桁があって驚きです。かなり長い橋で、架かった当初は周辺の人に驚かれたでしょうね。列車が来ない時間帯に勝手に歩いて渡ってしまう人もいたのではないだろうかと想像します。

ということで、1日いろいろ歩き回って楽しめました。

この記事へのコメント