ひたちなか海浜鉄道新駅

ひたちなか海浜鉄道湊線で、来年3月開業予定の新駅の整備が進められているそうで、このほど新駅の駅名が発表されました。美乃浜学園だそうです。市立の小中一貫校の整備が進められていて、それに合わせたものだそうで、そうであれば駅名としては特に新しく考案した感じではないですね。

この発表の良いところは、単に新駅の特徴をアピールするだけではなく、きちんと起点の勝田からのキロ程12.6kmと、平磯-磯崎間に開設であることを明記しているところです。鉄道ファンがいろいろ記録を取っている時に、「新駅ができるらしいが、それは一体どのあたりに増えるのか」、というのが発表資料でなかなかわからないことが多いのです。キロ程や駅間を明記してくれると非常に嬉しいわけです。駅間は、実際にその駅が開業すれば地図や公式ウェブサイトの路線図などに自然に出ますが、キロ程に至っては開業してからもなかなかわからないことがあります。運賃算出の根拠なのだから、きちんと明示すべきだと思うのですが。

新しく沿線にできる学校は、3つの小学校と2つの中学校を統合したものだそうです。統合前の学校のいずれも、湊線の既存駅からそれほど離れていないので、もしかすると鉄道での通学を考慮しているのかもしれないですね。駅の近くに施設を集めて利用促進を図るのは、割と最近は増えてきた印象があります。

湊線は、ひたち海浜公園への延伸計画があるのですが、そちらの方は最近進捗を聞いておらず、どうなるんでしょうね。

この記事へのコメント