MaaSの欧米での現実

最近もてはやされているMaaSについて、欧米での現状をまとめた翻訳記事が出ています。なかなか現実的には厳しいところがありますね。

公的に負担して公共交通が維持されている欧米の方が、こうした新しい取り組みにすべての事業者が参加するということがやりやすいのだろうと思っていました。それは実際そういうところもあるのでしょうけれど、しかしこの記事を読む限りでは必ずしも諸手を挙げて歓迎という感じではないですね。欧米の公共交通事業者だってやっぱり自社のプラットフォームを利用してほしいのです。

また事業の収益性の問題も指摘されていますね。手数料モデルだとなかなか利益につながらないということのようです。そして、全利用者の3パーセント程度しかまだMaaSプラットフォーム経由ではないとか、今までより3割以上割引になって、MaaSのサブスクリプションを購入するとか、なかなか厳しい数字が並んでいます。また自家用車のコストを低く見積もる傾向があるというのもそうなんでしょうね。

何か良い解決方法があれば良いのですが。

この記事へのコメント