牟岐線の阿波海南-海部の廃止届

阿佐海岸鉄道がDMVの導入を推進していますが、これと関係してJR四国が牟岐線の阿波海南-海部の廃止届を出したそうです。 牟岐線末端の1駅だけ廃止ということですね。代わって、阿佐海岸鉄道阿佐東線にこの区間を編入するのだそうです。いまいち理由がよくわからないのですけど、海部駅は高架の上にあるからDMV関連の工事がしづらく、阿波海南で接…
コメント:0

続きを読むread more

倶知安の変化

北海道新聞の記事で、倶知安駅周辺の事情が出ています。会員限定記事なので全文は読めないのですが、所要時間の短縮ぶりが驚きですね。 倶知安は後志の中心的な街ですが、山間の小都市という感じで、札幌からはかなりの所要時間がかかります。記事でも触れられている通り、小樽での乗換を挟んで最短でも110分だそうです。普段は特急や急行もないので負担…
コメント:2

続きを読むread more

のぞみ12本ダイヤ

8月8日は、東海道新幹線で「のぞみ」12本ダイヤを初施行したそうです。3月のダイヤ改正で設定上は「のぞみ」12本が可能となり、「ひかり」「こだま」まで合わせると1時間に16本が運転できる状態でした。しかしCOVID-19流行問題で輸送需要が激減しているために、一度も実行されていない状態でした。 盆の連休輸送とはいえ、現状ではまだあ…
コメント:0

続きを読むread more

豊肥本線運転再開

今日から、2016年熊本地震で被災して4年に渡って不通だった豊肥本線が運転を再開しました。実際の復旧工事着手まで、被災から1年ちょっとかかっているので、復旧工事自体では3年ほどかかったことになるでしょうか。正直、阿蘇大橋付近の大崩壊で地形自体がまったく変わってしまっているような状況だったので、再開できるか疑問視していましたが、よくぞここ…
コメント:0

続きを読むread more

ラピートの台車交換

南海の50000系「ラピート」が台車を交換するそうです。2019年8月に見つかった台車亀裂問題の対応だそうです。 18両で36台の台車を交換、とあって、ラピートの導入編成数はそんなに少なかったかな、と思ってしまいました。実際の導入数は6両編成6本の合計36両です。そうだとすると、18両なのはちょうど電動車の数なので、動力台車だけ交…
コメント:0

続きを読むread more

任天堂1Q決算

任天堂が第1四半期の決算で、売り上げが前年同期のほぼ2倍という凄い業績になったみたいです。COVID-19大流行で外に出られないから、家でゲームをしようという方向に流れた人が多かったみたいですね。 3月に発売された「あつまれ どうぶつの森」はあちこちで大人気のようです。私は「どうぶつの森」シリーズは、妻が持っていた古い世代のものを…
コメント:0

続きを読むread more

東武日光への蒸機乗り入れ

東武鉄道がSL列車を10月から東武日光へ乗り入れるそうです。真岡鉄道からの蒸気機関車譲受に伴い、来年夏からは毎日運行もするとか。結構本格的に蒸気機関車運転に取り組んでくるようですね。 東武日光には転車台がないので、折り返しは下今市までディーゼル機関車で牽くそうで。日光線は開通時から電化されていたので、蒸気機関車など入線したことはな…
コメント:2

続きを読むread more

サンジョルジョ橋落成式

イタリアのジェノバで2018年にモランディ橋という高速道路の橋が崩落して43人の死亡者が出ましたが、2020年8月3日にそれを置き換えたサンジョルジョ橋の落成式が行われたそうです。結構大規模な橋を再建するのに2年というのは、かなり速い工事です。 古いモランディ橋の構造はPCで造られた斜張橋でしたが、今回の新しい橋は連続箱桁のようで…
コメント:0

続きを読むread more

中国稲荷山鋼索鉄道

岡山県の最上稲荷で、中国稲荷山鋼索鉄道の資料を募集しているそうです。第二次世界大戦中に不要不急線指定で廃止になってしまったのですよね。 JR吉備線、津山線は、中国鉄道という民鉄が開業したもので、戦時買収で国鉄になりました。いまも中鉄バスという会社は残っていますね。この中国鉄道は、吉備線の備中高松から分岐して稲荷山までの支線も持って…
コメント:2

続きを読むread more

スパゲティサラダ

今日は久々に自分で料理をしました。普段は料理はほとんど妻任せになっていました。他の家事はそこそこするのですけど。 といっても、スパゲティサラダを作ったくらいです。実家でよく食べていて好きだったので一人暮らしのときも同じものを作っていたのですけど、妻によると妻の実家ではほとんど見ないとのこと。やはり家庭の文化というものがあります。ポ…
コメント:0

続きを読むread more

AW609で小笠原航路検討

小笠原諸島に垂直離着陸機で航空路線を開設しようという検討がされていると、記事が出ているようです。 小笠原諸島は日本のはるか南にある諸島で、十分な長さを持つ滑走路を設置できるような土地がなく、環境保護のために大規模な造成や埋め立ても困難ということで、今まで航路しかありませんでした。そのため東京から丸1日ほどかかる船旅でなければ行けな…
コメント:2

続きを読むread more