鳥取旅行2日目

鳥取旅行の2日目です。朝はゆっくり過ごして遅めに朝食会場へ。ビュッフェスタイルで、選べるものが大変多くて美味しかったです。特に、館内の飲食施設で夜食として宣伝されていた牛骨ラーメンが、朝食会場でも食べられるというのが驚きでした。手軽に食べられる一口サイズです。ヨーグルトやご飯、ポテトなど、娘が食べられるものもたくさんあって助かりました。

さらに売店が充実していたので、昨日フロントでもらったばかりの地域共通クーポンを早速使ってお菓子などを買って帰ることにしました。クーポンは今日使ってしまわないと無効になってしまうので、普段は買わないような高額なものもつい手を出してしまうところがあり、なるほど消費拡大効果というのはこういうところにあるんだなと感じます。やはり、割引に誘われて観光に来ると、外食や土産、見物などあちこちでお金を使いますし、特に外食や土産の消費を拡大させるようなクーポンがあるわけですし、COVID-19問題で疲弊した観光産業に干天の慈雨のごとく降り注ぐ効果があるのがよくわかりますね。単に宿泊業界を政府が直接支援するだけだと、周辺業界には効果が出ないですし、宿泊施設が仕入れる食品・物品なども売れないわけですし。感染症対策は大変ですけど、マスクの着用は徹底されていますし、あらゆるところに消毒液が置かれていますし、検温などの設備もしっかりしていました。何とかして感染拡大を阻止しながら、産業を守っていくしかないのでしょう。

宿を出発して、まずは白兎海岸へ。因幡の白兎の神話の地です。大変波が高くサーファーがたくさん出ていました。この寒い日によくやるものです。娘も初めて海を見て興味津々でした。白兎神社も参拝。

続いて昨日はこどもの国だけだったので、鳥取砂丘の方へ。砂丘センターで食事をしました。朝からそれほど時間が経っていないので大人はお腹が大変でしたけど、娘はホットケーキを2枚まるまる食べてしまいました。これまた驚きです。

砂丘センターからリフトに乗って砂丘へ。娘にラクダを見せて、近くを歩くだけかなと思っていたのですけど、何やら娘が気にいったようで砂丘をどんどん自分で歩いていってしまい、最後は馬の背の上までだっこで私を連れて行くようにと要求してきて、ついに行くことになりました。結構大変だったですが、娘はご満悦でした。

ここから帰宅の途に。娘は歩き疲れたようで、車の中ですぐ寝てしまい、この間に距離を稼ごうとひたすら走っていきました。途中で起きてきて、そこからは持ち込んだDVDプレイヤーでアンパンマンを再生していました。宝塚西トンネルのあたりで、こういう時に限って事故渋滞でした。我々がたどり着くころには事故は処理されていたようなのですが、今度は交通集中による渋滞に変わっていたように思います。公共交通機関を避けて自家用車で旅行する人が増えて、高速道路があちこち渋滞していますね。

宝塚ICで降りてから家族で夕食をして帰宅しました。娘もかなり疲れていたようですが、お出かけできて楽しかったのではないかと思います。

この記事へのコメント