南廻線電化開業発表

台湾鉄路管理局が、台湾南部を通る南廻線の電化を完成し、2020年12月23日から電車運行となるそうです。これで台湾1周の環島電化がついに完成するのですね。

友人と一緒に台湾を1周したことがあります。その際は高雄から花蓮まで南側を周る気動車の自強号でした。ある意味、もう今後は体験できない列車に乗れたのかもしれません。今後は普悠瑪号などが走るのだそうで。高雄-花蓮で最大39分短縮とありますね。

一方で、台東-枋寮は旧型客車の普快車が走っていて有名だったのですけど、ついに廃止になってしまうようです。これは体験しておきたかった気がしますね。

台湾1周が電化されたとはいえ、まだ一部の支線が非電化なんですよね。集集線や平渓線などが割と知られています。しかしここまで電化が進んだのなら、ごく一部のために内燃車を維持しておく理由もないわけで、残りもそのうちに電化してしまうのではないかと思います。これまた今のうちに乗っておきたい気がしますね。

この記事へのコメント