京都丹後鉄道重大インシデント

京都丹後鉄道で、列車のブレーキが利かずに1.4キロメートル走り続けるというインシデントがあったそうです。ブレーキの部品が破損していたそうで。

駅を240メートル通過とありますが、実際にブレーキが利かなくなってからは1.4キロメートル走っていたそうです。これはかなり長い距離の逸走ですね。

京福電鉄の事故を想起させますね。あのときは、1系統のみブレーキ機構がある車両で、ブレーキてこが破損してしまったためにまったくノーブレーキになってしまい、対向列車にぶつかったというものでした。今回別記事によると、ブレーキシリンダーの付け根に破損があって空気が漏れていたのだそうです。そうなるとやはりブレーキ機構の故障です。京福の事故以来、単行車両は2系統以上のブレーキ装置を装備することが義務付けられたのですが、ここではどうなっているのでしょうか。

運転士がうまく対応できずに異なるブレーキ系統を操作できなかった、とかならまだ人的問題ですけどね。最後は手ブレーキで止めると思うのですが、こちらはブレーキ力が弱いので、あるいは下り坂だとなかなか止まらないということもあるかもしれません。

いずれにせよ重大インシデントなので、運輸安全委員会の報告書待ちですね。

この記事へのコメント