京都丹後鉄道重大インシデント

京都丹後鉄道で、列車のブレーキが利かずに1.4キロメートル走り続けるというインシデントがあったそうです。ブレーキの部品が破損していたそうで。 駅を240メートル通過とありますが、実際にブレーキが利かなくなってからは1.4キロメートル走っていたそうです。これはかなり長い距離の逸走ですね。 京福電鉄の事故を想起させますね。あのと…
コメント:0

続きを読むread more