田町-品川間の遺構発見

昨日の話ですが、高輪ゲートウェイ駅の近くで明治の鉄道創業時の築堤の跡が出土したと話題になっていましたね。田町の車両基地の跡地を再開発するために、京浜東北線と山手線の線路を大きく東側に移転したので、元の線路の跡地で撤去などの作業が進められており、その過程で発見されたということですね。

この話を報じる記事でも触れられていましたが、新橋と横浜を結ぶ最初の鉄道は、この付近で海岸まで海軍が所有する土地があって譲ってもらえなかったので、海の中に築堤を建設してその上を走らせました。その光景はよく当時の絵巻物などで見ていたわけですけど、まだ埋まっていたんですね。したがってこの線路のあるところがほぼ当時の海岸線であり、これより東側はすべて埋立地ということになります。

このあたりの線路が発展していく歴史について、私はよく調べられていません。田町-品川間に最初は貨車の操車場を造る計画となり、その際に現在の東京総合車両センター(旧大井工場)の用地の小高い丘になっていたところを切り崩して土砂を運んできて埋め立てた、という話を聞いたことがあります。それによって地盤が下がり平坦になった用地が大井工場になったのだそうです。その埋め立ての際に、築堤の部分も埋めて周辺とたいらにしてしまったということなんですかね。

その後、貨車操車場だった土地は、東京駅の改良工事の関係で玉突き移転となります。すなわち、東京駅の八重洲側に将来発展余地として用意してあった土地にホームを増設することになったので、この土地にあった東京機関区と客車の基地を移転させる必要が出て、そのために品川の貨車操車場の用地を充て、貨車操車場はさらに外側の新鶴見へと移転することになったのです。我々が長く見ていた田町の車両基地は、この時に整備されたもののはずですが、土地自体は貨車操車場を建設した際に用意したはずなんですよね。また東海道線の線路は、おそらく貨車操車場の建設時に上下線が操車場を抱き込むように建設したはずなので、その時点で明治の当初の線路の位置から移転したのではないかと思うのですが、これははっきり理解できていません。山手線の建設とどちらが先かなのですが。そして田町-品川間は早い段階で電車線(京浜東北線と山手線)が複々線化されているので、その時点でも線路をいじっているはずです。

まあ順を追って考えると、山手線の線路のあたりが当初の線路のはず、という結論に至るのですが、複雑なので見落としがあるかもしれず、こうやって掘って出てきたのを見ると、ああやっぱりという感じになります。この遺構、一部だけでも保存されないものでしょうかね。

この記事へのコメント