武庫川線の甲子園口駅

阪神電鉄の武庫川線は、もともと戦時中に川西航空機への物資輸送と通勤客輸送を目的として建設されたことで知られますが、このほど国鉄甲子園口まで旅客輸送をする計画で、そのための図面が作られていたという記事が出たみたいです。

現状の武庫川線は、阪神本線の武庫川駅から南へ武庫川団地前まで伸びていて、この武庫川団地のあたりがかつての川西航空機の工場でした。武庫川駅より北へも線路が伸びていて、阪神国道線と連絡する武庫大橋駅までは旅客列車が実際に走っており、さらにその先に貨物線が伸びて、国鉄甲子園口駅の南側を通り西ノ宮駅(現西宮駅)で国鉄線に連絡する貨物輸送が行われていました。貨車を直通させる関係でこの貨物線は狭軌で、武庫大橋駅以南は三線軌になっていたようです。今でも南の方には三線軌の痕跡があるそうですし、地図を見ると北側の廃線跡はわりとはっきりわかります。武庫大橋駅は戦後も長い間放置されていたとか。

まあ、武庫大橋まで旅客列車を走らせるなら、そしてその北も線路があるなら、甲子園口までつないで国鉄線からの旅客を運びたいという発想は自然でしょうね。何よりも軍需工場への輸送は重視された時代でしたし。一方で平時だと、こういう路線は嫌がられます。国鉄線に対する培養路線になりかねないからです。武庫川より南側からの旅客は、現状ほとんどが武庫川で阪神本線に乗り換えてくれますが、甲子園口まで列車が走っていればそこまで行って、国鉄/JR線に乗り換えてしまいかねないのです。この線があることで、阪神線への旅客誘致の効果はあまりありませんが、逆に阪神線からの旅客流出の可能性は大きいのですよね。

仮にこの路線が残っていたとしても、阪神間の鉄道網の観点では微妙ですよね。ここがつながっていて嬉しいことがあまりないというか。まあ輸送障害時には振り替え輸送で活躍できるのかもしれませんが。やはり尼宝線の計画が潰れたのが痛いです。あれも他社線への接続がほとんど考慮されていなかったのが残念ですが。

しかし、公文書館から文書を見つけてくるだけでも記事になるものなんですね。

この記事へのコメント