交通事故の被害者のその後

交通事故に遭った被害者のその後を取材した記事が出ています。交通事故は、起こしても大変だし、起こされても大変なんですよね。

交通事故死亡者は、一時期は年間1万人を超えるくらいでしたが、飲酒運転の厳罰化などの影響もあって、昨今は年間3000人強というところまで減ってきました。これは本当に驚くばかりの減少で、努力すればそこまで減らせるのだと感動するほどです。ただ、この中には救急救命技術の向上やドクターヘリといった、救命側の向上によるものもあるという話で、その場合死なずに済んだとしても重症で回復に苦しんだり、後遺症が残ったりするという問題もあります。実際、年間100万人という負傷者数は、死亡者が年間1万人だった頃に比べて多少減っているだけのようです。昔見た資料だと、1年間にさいたま市の住民全員が交通事故で負傷するのと同じ計算だ、とありました。

この記事だと、保険会社の対応の悪さとか、警察のいい加減な捜査といった問題が触れられています。やはり技術者としては技術的な解決をしたいところで、自動ブレーキなどの技術の向上が欲しいですね。まず、ぶつからないことが最大の改善ですから。たとえ衝突を回避できないにせよ、いくらかでも減速できていれば、負傷の程度は大きく減らせます。

歩行者対応の自動ブレーキ装着が新車にはまもなく義務付けられますし、今後負傷者数も大きく減ってくれることを期待したいです。

この記事へのコメント