千鳥停車

列車の千鳥停車の話題が出ています。

ある鉄道路線の停車駅は、複数の種別が運行されている場合、上位の種別が停車する駅には下位の種別も停車するのが普通です。つまり、特急が停車する駅には、急行も停車するということです。しかしそうなっていない例もあり、ここでは西武、阪神、名鉄の例が取り上げられています。

西武はまさに千鳥停車の代表格ですね。石神井公園と大泉学園という乗降の多い駅が2駅連続している関係で、双方に止めると停車駅が多くなってしまい所要時間も伸びるが、この2駅間を移動する乗客はそんなにいない、ということで、どちらか一方にだけ停車する列車が設定されているのですね。これがまさに千鳥停車という言葉がさしている状況だと思います。

阪神はもう複雑以外の何物でもないです。駅間距離が短くて列車密度が高く、すぐ先行列車に追いついてしまうような路線条件で、できるだけ列車間で混雑を均し所要時間もあまり長くならないようにするために、ほとんど法則性が見えないような止まり方をします。かつて調べていて、もう理解するのを断念してしまったほどです。阪神は、急行系と各停系で完全に車両を違えていて、各停系は非常に加速度の高い設計をするという特徴があるので、急行系の車両を停車駅の多い種別に使おうとするとすぐ後続列車が詰まる、ということがあるそうで、そのために準急のような何のために通過駅が設定されているのかよくわからないような種別が出てくるのだと聞いたことがあります。つまり、そこで通過してやらないと後続列車が追いつくのですね。また、ラッシュ時だけの臨時通過とか、イレギュラーもあるのでもう大変です。

あまりにも複雑な停車駅パターンは利用客にとって不便ではないかと思うのですが、今だと乗換案内の言うとおりに乗るだけだから、そこまで支承ではないという感じなのでしょうか。

この記事へのコメント