土地登記義務付け

現状、土地所有者の任意に委ねられている土地登記について、変更を義務付ける法改正案を答申しているそうです。土地の所有者がわからなくなって開発が進まなくなる問題が出ていましたからね。

この記事の記述を見る限りでは、相続時や住所・氏名の変更時の登記を義務付けとあるので、特に変更がなければ未登記の土地はそのままということになるのでしょうか。それでも新たに変更があるたびに義務的に登記事項が更新されていくのであれば、国土の大半の土地がきちんとした登記にいずれは直っていくことが期待できるということでしょうかね。もちろん、現状で既に所有者不明になっていて相続人も明らかになっていない土地は、この措置ではいまさら回復のしようがないのですけど。

ただ、遠い昔に無くなった先祖がいまだに名義人になっている土地は結構あると聞きます。そうした土地は、法定では非常に多くの相続人に相続されていることになっているわけで、確実に土地の所有権が特定の人に引き継がれていると証明して登記を直すのは大変であるという話を聞いた覚えがあります。そうした手間の問題はどうなるのでしょうね。昨今は公共事業では登記をきちんとしようということになっているため、民間から用地買収する際に大変な手間をかけてすべての相続人を洗い出して書類にハンコをついてもらいにい行くという話でした。

土地の放棄をできるようにするというのも大きいですね。今までは、相続人が誰もいない場合にしか土地の国庫収納ということはありませんでした。相続人がすべて相続放棄してしまえばそうなるのですが、そうすると他の現金などの財産も放棄することになります。使うあても売却するあてもない土地を相続しても、というのは当然あるので、土地だけ放棄というのは必要な制度なのでしょうね。とくに、田舎の方の原野や山林は、いまさらほとんど価値がないわけですし。

結構いろいろな制度を一気にまとめてきた感じですね。2023年度から施行の見込みなのだそうで。これでどのくらい問題が解決するでしょうか。

この記事へのコメント