私鉄の夜行列車

鉄道ピクトリアル2021年5月号を読み終わりました。特集は「私鉄の夜行列車」。私鉄の夜行列車など、東武の尾瀬夜行、スノーパルくらいしか知らないが、そんなに特集を組めるほどあるのだろうか、と思ってしまったのですけど、国鉄・JRから私鉄に直通する夜行列車というのは一応いろいろあったようです。

たとえば、富山地方鉄道の立山まで国鉄線から直通する列車は、前夜出発して国鉄線を夜間走り、富山駅で富山地方鉄道に乗り入れて早朝に立山駅に到着するものがあったそうです。同様に長野電鉄、富士急行、松本電鉄、伊豆急行、上信電鉄、南海電気鉄道などの例が解説されていました。終着駅に早く着きすぎる列車では、朝まで車内で仮泊できるようにしてあるのは定番だったようです。こうしてみると、国鉄私鉄の直通運転である一定の特徴を持ったグループの特集ということになりますね。

それからすると、やはり東武の夜行列車は国鉄・JRに一切関係なしに走るという点でかなり異例と言えますね。東京で暮らしていた頃に、宣伝を見たことがあるのですが、残念ながら乗りませんでしたね。

意外なところで取り上げるのが鉄道ピクトリアル誌ならではという感じですね。

この記事へのコメント