小規模自治体のワクチン接種

ワクチンの最小配布単位よりも人口が少ないために、最初の配布分だけで全住民に接種ができる自治体の話が出ています。そういう自治体は結構あるはずだと思っていましたが、ここに全リストが出ていますね。全国で10自治体あるそうです。

単純に人口で計算していますけど、実際には15歳以下には今のところ接種しないことになっているので、1箱でのワクチン接種可能数よりも若干人口が多くても、全希望者に接種可能ではないかと思います。もっともこういう過疎自治体では15歳以下の人口は少ないのかもしれませんが。当たり前に全住民に接種するのかと思えば、隣接自治体と共同で接種しているためそうはならないというところもあるのだそうで…。

小規模であることの利点がこういうときにはありますね。

この記事へのコメント