ダイヤホール

列車ダイヤが等間隔でないために生じるダイヤホールなる現象についての記事が出ています。ある列車に乗り遅れてしまうと、次の列車までかなり長い時間を待たされることになってしまうというものですね。

なかなか難しい問題です。特定の駅で列車出発時刻を綺麗に等間隔に揃えることはできるかもしれないのですが、急行と緩行が混在するダイヤだと列車が走行するにつれて急行と緩行の間隔はバラバラになってしまいますから、どこか別の駅だと等間隔にならなくなってしまうのですよね。そして、有料特急が挟まるとさらに厄介なことになります。これに、回送列車や貨物列車が挟まるとかが発生すると、旅客には利用しようのない列車ということになり、別料金を払えばとりあえず利用できる有料特急よりもさらに問題が拡大することになります。

特に貨物列車はパターンダイヤに乗りづらいので厄介なのですよね。相鉄直通の埼京線が、貨物列車が多く走る線路を使うせいで綺麗なパターンにできず、せっかくパターンダイヤだった相鉄線がかなり滅茶苦茶なことになってしまいました。

あちらを立てればこちらが立たず的な話です。

この記事へのコメント