職域接種1回目

ようやくですが、私も職域接種でCOVID-19ワクチンの1回目を受けることができました。私の住んでいる市は接種の進捗が速かったので、結果的に見れば、市の方で申し込んでいれば8月初頭には2回目を受けられて、お盆の時期までには免疫が完成するところでした。職域接種だとモデルナを使うので、2回目は4週間後の8月末で、免疫の完成はそれから2週間で9月半ばとなってしまいます。

筋肉注射を受けるのは初めてでした。インフルエンザワクチンの時の皮下注射に比べても圧倒的に痛みが小さく、本当にちくっとしただけでした。話は聞いていたものの、驚くほどですね。これでできるならインフルエンザの時もやって欲しいもの。

直後は何の反応もなく、数時間たって腕に重さを感じるようになりました。モデルナアームですね。初回なのでこの程度でしょうか。2回目はかなり発熱するそうですが。

早いところ免疫を完成させてしまいたいものです。

この記事へのコメント

たづ
2021年08月09日 00:27
少し前に2回目を接種してきました。ファイザー製のものだったので、3週目で射てたというのだけが異なりますが。
1回目、そして2回目の接種”当日のうちは”全く何ともありませんでした。ごく普通の予防接種です。
問題はそこからで、昼頃射って約12時間してから発熱が始まり、翌日は滅多に発熱しない身が39℃近くまで発熱、翌々日も熱自体は37℃にギリギリ収まるかどうかでしたが、それ以前に頭痛やら倦怠感やらで使い物にならない状況で休みを取りました。必要なものと割り切っていますが、もう少し改良してもらえればと思います。というかそもそもああいうウイルスが出来なければそんな必要もなかったのですが。
Tamon
2021年08月11日 00:43
副反応はもう少し低減して欲しいですよね。
ただ改良するたびに毎回治験が必要となると大変ですし…。
ソフトウェアのアップデートのようにはいかないですね。