番号表記のないクレジットカード

セキュリティの観点からカード表面に番号を記載していないクレジットカードが出ているそうです。考えてみれば、市中でカードを直接提示して使うときは、今はまず磁気ストライプかICチップの情報を読み取って決済するので、券面に番号を表示している必要はないのですね。

かつては、番号をエンボス加工(浮き出るようにする加工)してあり、カーボン用紙を使ってそれに転写する仕組みだったので、番号表示が決まった位置にある意味がありました。しかしもう今どきそんな仕組みを使っている店は非常に少ないわけで。私は1回しか見たことがないです。CATを導入していないところはどれだけ残っているのでしょうか。

ただこの仕組みでも、カード面の番号を覚えて悪用しようという店員などから守る意味くらいしかないですね。スキミングはカードの読み取り機を使っているはずなので、これでも読まれてしまうはずです。

正直、クレジットカードの仕組みというのはよくできています。穴があちこちにあるのに、運用でうまくカバーして実用になる決済の仕組みを全世界に張り巡らせてしまいましたし。驚くほかないですね。

この記事へのコメント