上高地線の田川橋梁の状況

8月の大雨でアルピコ交通上高地線の田川橋梁の橋脚が傾き不通となっています。運転再開は来年夏の見込みだそうです。結構大変な工事になるのですね。

橋桁をいったん撤去して修理し、傾いた橋脚は造り直しだそうです。造り直しに結構時間がかかりそうですね。費用も掛かりますし。元のままで傾斜を直すということは難しいのですね。もっとも松本に近い側で被災しているので、肝心のJR連絡ができず苦しいところですね。

残りの区間では折り返し運転をしています。本来折り返しを想定した駅ではないので、転轍機をロックして反対側に出発させているそうです。踏切の鳴動開始に在線条件が必要なので、なんと軌道短絡器をセットして踏切を警報開始させているのだとか。そんな使い方をするというのは初めて聞いた気がします。

いずれにせよ、早いところ復旧して欲しいものです。

この記事へのコメント