JR西日本公募増資

JR西日本が公募増資するそうです。約2786億円の資金調達だそうです。

いろいろな使途を挙げていますが、結局のところ、COVID-19禍で大幅に悪化した財務状況の手当てというところなのでしょうね。それでも、昨年度の損失を少し上回る程度の調達額でしかないのですけど。本当は、今年度はワクチンの普及で夏くらいから需要が回復して、ということを見込んでいたのでしょうけれど、デルタ株の影響でまだ当面需要の回復を見込めないということになり、そうなると今年度も損失計上となって、そうなると財務状況が、ということなのでしょう。もし当初の見込み通り回復していたら、増資するほどではなかったのではないでしょうか。

まったくもって鉄道業界には大打撃なことになりました。JR九州など、COVID-19前は大株主になった外資系ファンドから自社株買いを迫られていましたけど、もうそれどころではなく、逆に増資したいくらいなのでしょうね。

今後の見込みを考えると、現状ワクチンの1回目接種が57パーセントくらい、2回目接種が46パーセントくらいですが、一時期ワクチン不足で接種回数が減っていたのが、最近は少し接種回数が回復しているので、職域接種の進展も考えると、今月末には1回目が70パーセント前後、2回目が60パーセント前後を見込めるのではないかと思います。このくらいだとちょっと不安ですけど、10月頭くらいにはもう、感染しても重症化はほとんどしないのだからと、感染者数が多くても無視して経済活動に向かう方向になるのではないかという感じがします。デルタ株を相手に、収束させることはもう無理なのでしょうけれど、主にワクチン未接種の人の間で感染が続いて重症化もするけれど、それは医療が何とか負担できる程度に収まる、ということになれば、そういう方向に進むのではないでしょうかね。そうなれば、今年度下半期はある程度出張も観光も回復してくるのではないでしょうか。

まあかなり希望的観測ですけどね。

この記事へのコメント