ハウステンボスIRにトラム導入検討

長崎のハウステンボスに、カジノを含んだ統合型リゾート(IR)を誘致する計画がありますが、そこにトラムの導入を検討しているそうです。 ハウステンボスには、すぐ目の前にJRのハウステンボス駅がありますけど、IRがハウステンボスの従来施設より西側にできるから、ということなんですかね。確かに歩くとなると遠くなりそうです。ハウステンボス駅の…
コメント:0

続きを読むread more

JAL/ANAから鉄道・運輸機構に出向

先日、大手民鉄が鉄道建設・運輸施設整備支援機構に技術者を出向させるというニュースがありましたが、今日はなんと、ANAとJALが1人ずつ鉄道・運輸機構に社員を出向させるというニュースがありました。これはかなり驚きです。 鉄道会社であれば、土木系の技術者は必要なものであり、COVID-19禍で収入が激減し新しいプロジェクトにも踏み出せ…
コメント:0

続きを読むread more

アルコール検知器の誤動作

山陽新幹線で、アルコール検知器の誤動作により列車が運休となる事件(PDF)があったそうです。消毒用アルコールスプレーが漏れていて、それを誤検知したものと推定されているとかで。運転士と車掌が同時にアルコール検知したとなると、本人が嘘をついているとは思えないですしね。 新岩国からの乗務だというのが面白いですね。調べてみると、新岩国始発…
コメント:0

続きを読むread more

ミリ波列車無線

やや過ぎたニュースですが、東海道新幹線にミリ波列車無線が整備される(PDF)そうです。 今までは、漏洩同軸ケーブル(LCX)を使った列車無線でした。周波数は400MHz帯を使っており、通信速度は最大3Mbpsだったそうです。もちろん、音声の伝送には十分は容量ですし、開発した時点ではかなりの大容量だったでしょう。しかし現代のように、…
コメント:2

続きを読むread more

烏丸線新型車への意見

京都市営地下鉄烏丸線にこのほど新車が導入されたことに疑問視する意見という記事がでています。経営健全化団体に転落するほど乗客が急減している状況を背景に出た意見ということですね。 この記事でも説明されていますが、鉄道の設備投資は長期計画で実施するものなので、そんなに急に計画を変更できないのですよね。この新型車両も、2012年から検討が…
コメント:0

続きを読むread more

1か月点検

新車の1か月点検でディーラーに車を持ち込みました。この1か月の間、この木曜日に南丹市に私が出かけたのがせいぜいでしたから、走行距離は170キロメートル程度でしかありません。そんな程度で不具合が出るはずもなく。担当営業さんも、まだほとんど乗ってませんねと反応する程です。 このところ、東南アジアのロックダウンで自動車部品工場が止まって…
コメント:0

続きを読むread more

LGV建設続行の表明

フランスのTGVが開業から40周年だそうで、マクロン大統領が記念の演説をしたそうです。その中で、高速線(LGV)の建設について、続行を正式に表明したみたいです。 2018年だったかのボルドーまでの開業の時点で、多くの利用を見込める路線はほぼ造り終えて、今後はもう造らない、在来線の拡大強化に投資する、みたいな話が出ていました。あちら…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道と観光展

今日は、南丹市立文化博物館の企画展「鉄道と観光」を見に行ってきました。未だ発地も着地も緊急事態宣言中ではありますが、もう解除の声が聞こえるほど落ち着いてきていますし、私も2回のワクチンを済ませていますし、おそらく他の人と密にならないであろうこともあって、自家用車で出かけることにしました。鉄道だと、京都を周らないと行けないので、結構時間が…
コメント:0

続きを読むread more

高畠鉄道の設立100年記念展

山形県の高畠鉄道の設立100年記念で企画展を郷土資料館でやっているそうです。 高畠鉄道は、本線が通らなかった町へ、最寄りの本線上の駅から少しだけ線路を引いた、というよくある私鉄ですね。もっとも、ここは高畠からさらに山奥の二井宿まで線路が伸びていたようです。戦時統合で山形交通に統合されましたが、戦後のモータリゼーションを受けて廃止さ…
コメント:0

続きを読むread more

網干-竜野間に新駅構想

たつの市が、山陽本線の網干-竜野間に新駅を検討すると表明したそうです。こんな話があるんですね。 網干 - 竜野は確かにちょっと駅間距離が長い気がします。網干総合車両センターの脇を延々と通過している感じがしますね。この辺りで線路は太子町を通過しているものの、太子町内に駅はありません。それなら太子町に駅を、と思ってしまうわけですが、実…
コメント:0

続きを読むread more

部屋の整理

今日は祝日でしたので仕事はお休みでした。娘が「また飛行機の公園行きたーい」ということだったので、午前中娘を連れて伊丹スカイパークに行ってきました。飛行機に発着に娘は大喜び。本当は飛行機に乗りたいようなのですが…。 また元気に場内を走り回り、付いて回るのが大変です。本当に、この両親の間に生まれた子としては驚くばかりの元気さです。休憩…
コメント:0

続きを読むread more

青天を衝け

大河ドラマ『青天を衝け』を楽しみに見ています。渋沢栄一が主人公の話です。これまで渋沢栄一については、いろいろな会社を創業した人ということしか知りませんでしたが、ドラマを見ていると面白いですね。 今週は、パリから帰ってきた栄一が、新しい領地の駿府に引きこもってしまった主君徳川慶喜のところに報告に行ったという話の次の回で、駿府において…
コメント:0

続きを読むread more

流山温泉駅など廃止予定

来春の北海道のダイヤ改正で廃止が予定されている駅が、函館本線だと池田園、流山温泉、銚子口、石谷、本石倉だそうです。 この中でも、流山温泉は皮肉ですね。JR北海道が温泉開発をしようとして、そこに最寄りの駅として2002年に新設された駅だったのですが、温泉自体が経営不振で閉鎖になってしまったのですよね。ダチョウを飼育する牧場を開設して…
コメント:2

続きを読むread more

妻のワクチン2回目対応

昨日妻がファイザーのワクチン(コミナティ)の2回目接種だったので、今日は私が休みをもらって、副反応対応で娘の世話をすることに。昨日の時点ではまだ元気だったのですけど、夜のうちに発熱していたみたいで、やはりこのワクチンは2回目接種の際に高い頻度で副反応が出ますね。 まあそれにしても、娘は元気に走り回って、相手をするのが大変です。天気…
コメント:0

続きを読むread more

姫路機関区昔話

姫路機関区の昔話の記事が出ていますね。播但線の分岐していくところの、山陽本線と挟まれた空間にかつては姫路機関区があったのですけど、この記事によると山陽鉄道時代には駅の南側に施設があったのですね。これは知りませんでした。昭和初期に、東側の機関区と操車場が完成して、戦後そちらに統合されたそうです。 そういえば、姫路も姫路第一機関区、姫…
コメント:0

続きを読むread more

上高地線の田川橋梁の状況

8月の大雨でアルピコ交通上高地線の田川橋梁の橋脚が傾き不通となっています。運転再開は来年夏の見込みだそうです。結構大変な工事になるのですね。 橋桁をいったん撤去して修理し、傾いた橋脚は造り直しだそうです。造り直しに結構時間がかかりそうですね。費用も掛かりますし。元のままで傾斜を直すということは難しいのですね。もっとも松本に近い側で…
コメント:0

続きを読むread more

大阪モノレールに松生町追加

大阪モノレールの門真市から仮称瓜生堂までの延伸工事で、門真市と仮称門真南の間に仮称松生町を追加するそうです。現状、都市計画決定に向けて動いているのだそうです。 このあたりは、パナソニックの閉鎖された工場があるのですが、そこに2022年度開業を目指してららぽーとを建設する計画が進んでいるのだそうです。なるほど、モノレールの駅が近接し…
コメント:0

続きを読むread more

川崎重工業と日立造船のシールドマシン事業統合

川崎重工業と日立造船がシールドマシン事業を統合するそうです。新しい会社名は地中空間開発だそうです。何とも硬い感じの名前ですが、生産は両社に発注するのだそうで、営業・販売活動の統合ということになるのですね。 この辺りの事情は全然分かっていなかったのですけど、いつの間にかIHI、JFEエンジニアリング、三菱重工業のシールドマシン事業は…
コメント:0

続きを読むread more

日本国有鉄道の財政の再建に関する基本方針

今日は何の日、という記事で、「日本国有鉄道の財政の再建に関する基本方針」が閣議決定された日という記事が出ていました。1969年のことだそうです。 国鉄は1964年に初めて赤字に転落して、この1969年頃には償却前赤字になっていたはずです。なので、いよいよ内閣として取り組まなければ、ということになったのでしょうね。それ以前から国鉄内…
コメント:0

続きを読むread more

上所駅

越後線に上所駅という新駅構想があるそうです。概略設計も進められているくらいには進展している構想なのだそうです。 地図を見ると、越後線が新潟駅から出発してすぐに信濃川を渡って最初の白山駅に向かうところ、川の手前にもう1駅増やそうという話のようです。市街地の中ですから、目の前から列車に乗れたら、という需要はそれなりにあるのでしょうね。…
コメント:2

続きを読むread more

山陰本線減便見込み

COVID-19問題による減便が全国で相次ぐなか、来春のダイヤ改正で山陰本線亀岡-園部間の昼間列車本数が半減する方向なのだそうです。現状毎時快速1本、普通1本を双方向に運転しているのが、半減ということになれば、快速の日中運転中止ということになりますね。 この区間は、せっかく京都府が一部費用を負担して複線化したのに、という感はありま…
コメント:0

続きを読むread more

佐賀での高輪築堤移築保存

佐賀県が、高輪築堤の一部を移築復元保存するそうです。佐賀県出身の大隈重信が高輪築堤の整備を判断したから、なのだそうです。 うーん、保存してくれるのは嬉しいのですけど、単なる盛土になってしまうんじゃないですかね。長さ10メートル程度の保存だと、どこまで意味があるのか…。結構移設費用も掛かりますしね。JR東日本がやろうとしている、高輪…
コメント:0

続きを読むread more

ATCの検査期限切れ

JR西日本で、ATCの検査期限が切れた状態で列車を走らせていたことが発覚したそうです。1号車を検査するはずが、誤って16号車の検査を指示したのだそうで。 新幹線は、東海道新幹線の開業時から、各部品の検査や交換の履歴をしっかりとコンピューターシステムで管理してきたはずです。しかし、実際の作業とシステム上の情報を整合させているのは結局…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道運賃改定の動き

鉄道の運賃改定の動きが出ているようです。新幹線の指定席特急券の繁忙期価格が来年春から上がるそうです。現状は繁忙期は通常期より200円高く、閑散期は200円安い設定です。これをもっと大きな値にする、ということですね。かつては100円差だった時代もありました。 まだJR各社で検討中とありますが、もう決定事項のように話しているのは何でし…
コメント:4

続きを読むread more

黒部ルート名称募集

黒部峡谷鉄道の欅平駅から黒部ダムまでの、通称黒部ルートが2024年度に一般開放されることが決まり、この区間の名前を募集しているそうです。 黒部峡谷鉄道は黒部川に沿った各発電所の開発のために建設された鉄道で、戦後まもなく地方鉄道になって観光目的の旅客輸送に用いられるようになりました。その終点が欅平ですが、実際には鉄道はそこからさらに…
コメント:0

続きを読むread more

伊丹スカイパーク

家に閉じこもっていると気が滅入りますし、娘も外に遊びに行けなくて退屈でしょうから、久々にお出かけしました。屋内はまだ無理と考えて、屋外の伊丹スカイパークに行ってきました。過去にも何度か訪問したことがあります。 中央の駐車場は満車で、これまで止めたことのない南駐車場に止めました。過去に来た時は、まだ幼かった娘は飛行機を見てもよくわか…
コメント:0

続きを読むread more

武庫川新駅

阪急神戸線の武庫之荘-西宮北口間に新駅を建設する方向になったそうです。西宮市が要望しているのは知っていましたが、実は1942年に最初の要望が出た駅なのだそうで、そんなに歴史のある構想だとは知りませんでした。阪急側はあまり積極的ではないのかな、という感も見受けたのですけど、ここに来て対岸の尼崎市がようやく乗り気になり、実現する方向になった…
コメント:1

続きを読むread more

関西スーパーの経営統合をめぐる争い

関西資本のスーパーマーケットチェーン、関西スーパーに対して事業統合をめぐって争いがあるようです。阪急阪神グループの百貨店などを運営するH2Oと、関東のスーパーマーケットチェーンオーケーが、買収提案をしているのだそうです。関西スーパーとしては、H2Oと統合を進める方向なのだそうですが。 関西スーパーは、うちの近くにも店舗があって、そ…
コメント:0

続きを読むread more

北条鉄道の新閉塞システムに全日本建設技術協会賞

北条鉄道の列車交換設備設置に際して新たに開発された閉塞システムが全日本建設技術協会の賞を受けたそうです。ICカードを利用した閉塞ということで、鉄道ファンからも注目が集まっていました。 票券指令閉塞式というものだそうで、票券というと昔ながらの閉塞のようですけど、それに指令という言葉をくっつけたんですね。しかしやっていることは、電子閉…
コメント:3

続きを読むread more

JR西日本公募増資

JR西日本が公募増資するそうです。約2786億円の資金調達だそうです。 いろいろな使途を挙げていますが、結局のところ、COVID-19禍で大幅に悪化した財務状況の手当てというところなのでしょうね。それでも、昨年度の損失を少し上回る程度の調達額でしかないのですけど。本当は、今年度はワクチンの普及で夏くらいから需要が回復して、というこ…
コメント:0

続きを読むread more