亀山市の中央新幹線駅候補地

亀山市がリニア中央新幹線の駅候補地を3か所示したそうです。沿線各県に1駅なので、三重県にも駅ができることは確実ですけど、亀山市なのですかね。

人口規模、産業の発展度合いから言えば、四日市の方が有力です。しかし、四日市だと名古屋から近すぎるという問題がありますね。一方、津まで南下すると、できるだけ直線的に引きたい中央新幹線の経路からすると遠回りすぎる感じがあります。そうなると亀山ということになるのでしょうか。

今回亀山市が提案したのは、井田川駅周辺、亀山インター周辺、下庄駅周辺の3か所だそうです。周辺といってもどれくらいの範囲なのかよくわかりませんが。井田川だと四日市からは鉄道を利用しやすいですが、津や松阪からだと乗換が必要になって不便ですし、そもそも四日市からでは名古屋に出てしまうのではないでしょうか。下庄はその点は津や松阪から多少は便利ですけど、列車本数が少なすぎるのですよね。そうなると、甲府の駅があえて身延線との交点を避けたように、在来線鉄道を無視した位置に建設して、道路でのアクセスを良くする、という方向になるのかもしれません。

そもそも奈良県内でどこに止まるかにも影響しますからね。さらに、品川-名古屋間の工事の遅れが確実視されている中では、果たしてどれくらい先になるのかも不明ですね。

この記事へのコメント