赤穂海浜公園

COVID-19感染が落ち着いていることもあり、この時期に招いておかないといつまた感染が広がって会わせる機会がなくなるかも、ということで、両親をこちらに招いて娘と会う機会を設けることにしました。今日の飛行機でやってきて、私の車に乗せて西へ走り、娘を途中で乗せて、4人で赤穂海浜公園へ行ってきました。

赤穂海浜公園は入園料などはなく、乗りものに乗るたびにお金を払う方式の遊園地です。また動物ランドもありますが、こちらは施設の老朽化で維持しかねるということだそうで、11月21日をもって閉園すると発表されています。娘は乗りもの好きで、もう夢中になって遊んでいました。あらゆる乗りものに1回ずつ乗らないと気が済まない、という感じで、コインを入れてそのあたりを走るバッテリー式電動カートに至っては、1台ずつ全部乗ると主張して凄かったです(苦笑)。どれはもう乗った、というのをちゃんと全部覚えているのがまた凄いです。観覧車にも乗って、かなり高いところまで上がるのに、全く平気な顔をしていました。高いところは平気なのですね。

動物ランドにも入り、カンガルーやカピバラを恐る恐る触っている感じでした。本物の動物はほとんど見たことも触れたこともないのですよね。テレビや写真などで見るだけで、動物の名前を憶えているのですよね。

娘は大変喜んでおり、すっかり満足して帰途に。遊び疲れたようで、帰りの車の中で眠ってしまいました。妻の実家にたどり着き降ろそうとすると、そこでもうパチッと目が開いて、両親が買って持ってきた新しいおもちゃを早速開いて遊び始めるという。まあ本当に元気で遊びに貪欲です。少しだけ妻の実家に滞在して、自宅から運んできた荷物を置き、今度は持ち帰る荷物を車に積んで、今日は姫路のホテルに両親とともに宿泊です。そのまま自宅まで帰っても良かったのですけどね。しかし今は兵庫県民割なる制度があるそうで、そのことを知らずに予約した私はちょっと失敗でした。

この記事へのコメント