圧縮着火

マツダが、2019年から次世代ガソリンエンジンを搭載した自動車を発売するようです。なんと、圧縮着火を実現するのだそうです。

ガソリンエンジンは、シリンダー内に吸気した混合気をピストンで圧縮し、点火プラグで点火して膨張しピストンを駆動する、というのが基本的な原理です。これに対してディーゼルエンジンには点火プラグがなく、混合気が圧縮されたところで自己着火して膨張過程に入るという違いがあります。軽油の着火点(温度や圧力が高くなった時に自己着火する温度)が比較的低いために、圧縮で点火することができるのですね。ガソリンエンジンでも、シリンダーヘッドが高温になった時に、点火プラグを使わなくても勝手に混合気に着火して動き続ける現象があるとは聞きますが、基本的にはガソリン混合気は点火プラグで点火するものです。したがって、今回のマツダの発表は、安定して自己着火させる方法を開発した、ということなのでしょう。なかなか凄い技術です。

まあやっていることが凄いのはわかるのですけど、内燃機関の技術に疎い身にとっては、圧縮着火を実現することでなぜトルクが太くなり燃費が改善するのかはよくわからないですね。ディーゼルのように圧縮比が良くなるということなのでしょうか。内燃機関関係の技術者の解説を見たいところです。

マツダは一貫して、内燃機関の強化改善が重要だという方針を変えていませんね。電気自動車やハイブリッド車に関してはトヨタと共同開発の方向ですが、それでも内燃機関の技術は使えるところがあるわけですし、そこで生きていく方針なのでしょう。弱小メーカーの戦略としてはありなのでしょうね。

"圧縮着火" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント