亀山市の中央新幹線駅候補地

亀山市がリニア中央新幹線の駅候補地を3か所示したそうです。沿線各県に1駅なので、三重県にも駅ができることは確実ですけど、亀山市なのですかね。 人口規模、産業の発展度合いから言えば、四日市の方が有力です。しかし、四日市だと名古屋から近すぎるという問題がありますね。一方、津まで南下すると、できるだけ直線的に引きたい中央新幹線の経路から…
コメント:0

続きを読むread more

Honda Total Care

8月末から乗り始めたホンダ・フリードですが、納車の時に営業の人に勧められて、Honda Total Careというスマートフォンアプリを入れています。これで点検の予約をしたり、燃費や走行距離の情報を確認したりできます。今日気づいたのですが、PC版もあって、普通にブラウザからログインして同じ情報を参照できるんですね。 走行距離の情報…
コメント:0

続きを読むread more

高知の路面電車・路線バス休日無料イベント

11月から来年1月まで、高知市内の路面電車や路線バスを休日無料にするそうです。COVID-19問題で利用が落ち込んだ公共交通への支援策ということのようです。 2019年に熊本で、電車バス無料の日というイベントがあって、1日だけでしたが熊本県内の高速バスを除くすべての路線バスと路面電車が無料になりました。その時は大きな反響があって、…
コメント:0

続きを読むread more

六十谷水管橋の落橋事故続報

昨日起きた六十谷水管橋の落橋事故ですが、いろいろな情報が明らかになってきました。 まず、水管橋のすぐ下流側に紀ノ川大堰があるのですが、おそらくそこに設置されていたと思われる国土交通省の監視カメラが落橋シーンを捉えていたようです。今の時代、どこにでもカメラがあって記録していますから助かりますね。それによると、問題の橋の水管桁の中央部…
コメント:2

続きを読むread more

六十谷水管橋落橋

和歌山市の紀ノ川にかかる六十谷水管橋が落橋したそうです。和歌山市の紀ノ川北岸へは、川の南側にある浄水場からこの水管橋を通じて給水していたそうで、当面北岸は断水になる見込みだそうです。 1975年建設だそうですけれど、それほど老朽化しているようにも見えず、なぜ落橋したのか謎ですね。アーチが折れていますけど、折れたことで落橋したという…
コメント:0

続きを読むread more

タクラマカン砂漠1周鉄道が完成

中国で、タクラマカン砂漠1周鉄道が完成したそうです。開通は来年だそうですが。 中国でもっとも西側に位置するカシュガルのあたりまで、タクラマカン砂漠の北側には鉄道が既に開通しています。そのカシュガルから、タクラマカン砂漠南側に沿ってコルラのあたりまでも既に伸びていました。今度はそこからさらに東に伸びて、東側から伸びてきた鉄道とつなが…
コメント:0

続きを読むread more

E4系最終定期運用

今日で、E4系が定期運用終了だったようです。100系に始まる2階建て新幹線の系譜がついに終わってしまいましたね。 E4系は何度か乗る機会がありましたが、やはり詰め込みの印象は拭えませんでしたね。指定席を取るか、自由席でも1階席を使えばよいわけですけど、つい自由席2階席に行ってしまって、6列座席に閉口するわけです。実際に6列すべてが…
コメント:0

続きを読むread more

ハウステンボスIRにトラム導入検討

長崎のハウステンボスに、カジノを含んだ統合型リゾート(IR)を誘致する計画がありますが、そこにトラムの導入を検討しているそうです。 ハウステンボスには、すぐ目の前にJRのハウステンボス駅がありますけど、IRがハウステンボスの従来施設より西側にできるから、ということなんですかね。確かに歩くとなると遠くなりそうです。ハウステンボス駅の…
コメント:0

続きを読むread more

JAL/ANAから鉄道・運輸機構に出向

先日、大手民鉄が鉄道建設・運輸施設整備支援機構に技術者を出向させるというニュースがありましたが、今日はなんと、ANAとJALが1人ずつ鉄道・運輸機構に社員を出向させるというニュースがありました。これはかなり驚きです。 鉄道会社であれば、土木系の技術者は必要なものであり、COVID-19禍で収入が激減し新しいプロジェクトにも踏み出せ…
コメント:0

続きを読むread more

アルコール検知器の誤動作

山陽新幹線で、アルコール検知器の誤動作により列車が運休となる事件(PDF)があったそうです。消毒用アルコールスプレーが漏れていて、それを誤検知したものと推定されているとかで。運転士と車掌が同時にアルコール検知したとなると、本人が嘘をついているとは思えないですしね。 新岩国からの乗務だというのが面白いですね。調べてみると、新岩国始発…
コメント:0

続きを読むread more

ミリ波列車無線

やや過ぎたニュースですが、東海道新幹線にミリ波列車無線が整備される(PDF)そうです。 今までは、漏洩同軸ケーブル(LCX)を使った列車無線でした。周波数は400MHz帯を使っており、通信速度は最大3Mbpsだったそうです。もちろん、音声の伝送には十分は容量ですし、開発した時点ではかなりの大容量だったでしょう。しかし現代のように、…
コメント:2

続きを読むread more

烏丸線新型車への意見

京都市営地下鉄烏丸線にこのほど新車が導入されたことに疑問視する意見という記事がでています。経営健全化団体に転落するほど乗客が急減している状況を背景に出た意見ということですね。 この記事でも説明されていますが、鉄道の設備投資は長期計画で実施するものなので、そんなに急に計画を変更できないのですよね。この新型車両も、2012年から検討が…
コメント:0

続きを読むread more

1か月点検

新車の1か月点検でディーラーに車を持ち込みました。この1か月の間、この木曜日に南丹市に私が出かけたのがせいぜいでしたから、走行距離は170キロメートル程度でしかありません。そんな程度で不具合が出るはずもなく。担当営業さんも、まだほとんど乗ってませんねと反応する程です。 このところ、東南アジアのロックダウンで自動車部品工場が止まって…
コメント:0

続きを読むread more

LGV建設続行の表明

フランスのTGVが開業から40周年だそうで、マクロン大統領が記念の演説をしたそうです。その中で、高速線(LGV)の建設について、続行を正式に表明したみたいです。 2018年だったかのボルドーまでの開業の時点で、多くの利用を見込める路線はほぼ造り終えて、今後はもう造らない、在来線の拡大強化に投資する、みたいな話が出ていました。あちら…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道と観光展

今日は、南丹市立文化博物館の企画展「鉄道と観光」を見に行ってきました。未だ発地も着地も緊急事態宣言中ではありますが、もう解除の声が聞こえるほど落ち着いてきていますし、私も2回のワクチンを済ませていますし、おそらく他の人と密にならないであろうこともあって、自家用車で出かけることにしました。鉄道だと、京都を周らないと行けないので、結構時間が…
コメント:0

続きを読むread more

高畠鉄道の設立100年記念展

山形県の高畠鉄道の設立100年記念で企画展を郷土資料館でやっているそうです。 高畠鉄道は、本線が通らなかった町へ、最寄りの本線上の駅から少しだけ線路を引いた、というよくある私鉄ですね。もっとも、ここは高畠からさらに山奥の二井宿まで線路が伸びていたようです。戦時統合で山形交通に統合されましたが、戦後のモータリゼーションを受けて廃止さ…
コメント:0

続きを読むread more

網干-竜野間に新駅構想

たつの市が、山陽本線の網干-竜野間に新駅を検討すると表明したそうです。こんな話があるんですね。 網干 - 竜野は確かにちょっと駅間距離が長い気がします。網干総合車両センターの脇を延々と通過している感じがしますね。この辺りで線路は太子町を通過しているものの、太子町内に駅はありません。それなら太子町に駅を、と思ってしまうわけですが、実…
コメント:0

続きを読むread more

部屋の整理

今日は祝日でしたので仕事はお休みでした。娘が「また飛行機の公園行きたーい」ということだったので、午前中娘を連れて伊丹スカイパークに行ってきました。飛行機に発着に娘は大喜び。本当は飛行機に乗りたいようなのですが…。 また元気に場内を走り回り、付いて回るのが大変です。本当に、この両親の間に生まれた子としては驚くばかりの元気さです。休憩…
コメント:0

続きを読むread more

青天を衝け

大河ドラマ『青天を衝け』を楽しみに見ています。渋沢栄一が主人公の話です。これまで渋沢栄一については、いろいろな会社を創業した人ということしか知りませんでしたが、ドラマを見ていると面白いですね。 今週は、パリから帰ってきた栄一が、新しい領地の駿府に引きこもってしまった主君徳川慶喜のところに報告に行ったという話の次の回で、駿府において…
コメント:0

続きを読むread more

流山温泉駅など廃止予定

来春の北海道のダイヤ改正で廃止が予定されている駅が、函館本線だと池田園、流山温泉、銚子口、石谷、本石倉だそうです。 この中でも、流山温泉は皮肉ですね。JR北海道が温泉開発をしようとして、そこに最寄りの駅として2002年に新設された駅だったのですが、温泉自体が経営不振で閉鎖になってしまったのですよね。ダチョウを飼育する牧場を開設して…
コメント:2

続きを読むread more