運転再開後の豊肥本線

熊本地震で被災してから、ほぼ4年を経て昨年全線での運転を再開した豊肥本線の再開後の状況の記事が出ています。観光への影響は、COVID-19の影響ではっきりしなくなっているのですね。 訪日外国人観光客には鉄道利用が便利というのはそうでしょうね。レンタカーを借りるのは可能でも、なかなか外国で運転しようとはなりません。鉄道の方がバスより…
コメント:0

続きを読むread more

複線の廃止

鉄道で、コスト削減のために閑散化した線区の複線を止めて単線化するのはどうなのか、という話題が出ていました。単線化は過去に、御殿場線や阪急嵐山線の例はありますが、これは戦時の資材供出目的であり、費用削減目的で撤去する話はあまり聞きません。最近、えちぜん鉄道の福井付近を単線化したらしいですが。 単線にしても、列車本数を減らさないのであ…
コメント:3

続きを読むread more

フリードとシエンタの比較記事

東洋経済オンラインで、フリードとシエンタの比較記事が出ていることにいまさら気づきました。もうフリードを選択した後ですが、この記事を読んで書かれていることは大体私の感じたことと同じだと思いました。 燃費はほぼ互角ですし、車体のサイズ、室内の構成などもほぼ同じです。しかし装備の点でフリードの方が優れているのですね。一方、3列目シートを…
コメント:0

続きを読むread more

タレスの信号事業を日立が買収

フランスのメーカータレスの鉄道信号事業を、日立が買収するそうです。 タレスは、軍需関連企業のトムソンCSFと、やはり軍需と電気通信、鉄道信号をやっていたアルカテルが合併して誕生した会社で、その成立の由来から軍需と鉄道信号の両方をやっていました。しかし、この間に直接の関連性はないわけで、確かにどちらかを売り払ってしまうことはありえそ…
コメント:0

続きを読むread more

会津若松-喜多方電化廃止予定

磐越西線の会津若松-喜多方間を来年度から電化廃止にする予定だそうです。JR東日本も鉄道事業のスリム化を打ち出していましたから、その一環なのでしょうね。 磐越西線は、郡山から新津までの路線のうち、郡山から喜多方までが電化されています。しかし、会津若松で折り返す線路構造もあって、この会津若松-喜多方間の電化設備を使う列車は大変少なく、…
コメント:2

続きを読むread more

JR九州特急料金値上げ発表

JR九州が、在来線特急料金を値上げする(PDF)そうです。結構な率で値上げになりますね。 実際経営が苦しいという面はあるのでしょうけど、一方で高速バスと激しい競合を迫られている状況でもあり、一方的に値上げはできるものではありません。そこで価格で勝負するのはネット予約のきっぷで、ということなのでしょうね。ネット予約は従来と変わらない…
コメント:0

続きを読むread more

京急空港線の電源切り替え

京急空港線で使われている電力を、再生可能エネルギー由来のものに置き換えるそうです。 直接再生可能エネルギーから給電するのは無理だと思うので、おそらく証書を買うのだろうなと思いましたが、そうでしたね。FIT非化石証書付電力メニューなるものを買うそうです。FITと付いているからには、固定価格買取制度で買い取られた電力を含んでいるのだと…
コメント:0

続きを読むread more

ホンダ・フリード契約

新車を契約してきました。先日からトヨタ・シエンタとホンダ・フリードの2車種を比較してきて、若干車内の感じが良かったのと、HONDA Sensingの安全装備が優れていると感じたので、ホンダ・フリードとなりました。シエンタは装備が古いのか、単純な衝突軽減ブレーキなどは付いていますが、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストの…
コメント:0

続きを読むread more

西九州新幹線の並行在来線存続提案

西九州新幹線の佐賀県内の区間をどうするかに関して、国土交通大臣が並行在来線を維持するようJRを説得すると言及しているようです。佐賀県にとっては、所要時間短縮が大してないフル規格新幹線と引き換えに並行在来線が失われて博多への安価な在来線特急がなくなるのでは意味がないので反対しているわけですが、それへの説得ということですね。 ただJR…
コメント:0

続きを読むread more

職域接種1回目

ようやくですが、私も職域接種でCOVID-19ワクチンの1回目を受けることができました。私の住んでいる市は接種の進捗が速かったので、結果的に見れば、市の方で申し込んでいれば8月初頭には2回目を受けられて、お盆の時期までには免疫が完成するところでした。職域接種だとモデルナを使うので、2回目は4週間後の8月末で、免疫の完成はそれから2週間で…
コメント:2

続きを読むread more

ダイヤホール

列車ダイヤが等間隔でないために生じるダイヤホールなる現象についての記事が出ています。ある列車に乗り遅れてしまうと、次の列車までかなり長い時間を待たされることになってしまうというものですね。 なかなか難しい問題です。特定の駅で列車出発時刻を綺麗に等間隔に揃えることはできるかもしれないのですが、急行と緩行が混在するダイヤだと列車が走行…
コメント:0

続きを読むread more

西九州新幹線車両デザイン発表

西九州新幹線の車両デザインが発表されたようです。いつもの水戸岡デザインという感じですね。 800系が登場したときと随分印象が似ています。下部がかなり赤くなっているのは違いますが。これを見ると、N700の山陽-九州直通用車両は、かなり外観のインパクトが抑えられたデザインになっていたんですね。車内の座席も800系の時にかなり似ている感…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道模型フェスティバル

阪急百貨店で鉄道模型フェスティバルが開かれているそうです。王子公園駅を再現したNゲージレイアウトがあるそうで、これは楽しそうですね。 王子公園駅のところは、駅そのものよりも、駅より三宮方の斜めの道路と交差しているアーチ橋が名物ですね。あれを綺麗に構築するのは難しいわけで、模型にするのも大変だったのではないでしょうか。設計自体がそう…
コメント:0

続きを読むread more

新仙岩トンネル

JR東日本から、「秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進に関する覚書の締結について」(PDFファイル)という文書が出ました。以前から取り沙汰されていた、田沢湖線(秋田新幹線)の岩手・秋田県境にあるトンネルを置き換えて高速化しようという構想の話です。 COVID-19禍中ですけど、依然として検討は続いていたのですね。実際仙岩トンネル…
コメント:2

続きを読むread more

メリーランド州運輸局

アメリカのメリーランド州運輸局が運行するMARCの事情に関する記事が面白いです。ワシントンD.C.の郊外で通勤輸送を行っている鉄道ですが、列車本数がかなり少なく、ブランズウィック線のフレデリックへの支線に至っては1日1往復なのだそうです。記事でも札沼線の新十津川に触れていますが、それに近いですね。 これでも一応実用的に通勤利用する…
コメント:2

続きを読むread more

北海道の鉄道125話

『北海道の鉄道125話』を読み終わりました。著者の太田幸夫氏は国鉄からJRにかけて北海道で保線関係をやっておられた方で、交通新聞社新書でも保線の本を出したことがあります。他に操車場の配線資料集なんていうマニアックなものを自費出版していたこともあり、今回のこの本も富士コンテムの扱いなので自費出版相当なのでしょう。 北海道の鉄道125…
コメント:0

続きを読むread more

電車操作塔

昨日に引き続いて読売新聞に鹿児島市電のネタが。電車操作塔の話題です。路面電車が運行されている都市では結構見かけるものだと思いますが、路面電車の分岐点において、進行してきた電車の行き先表示を見て、係員が手動でポイントの制御を行っていた施設です。普通鉄道のようにきちんとした運行管理が行われていない路面電車では、遠隔制御ではどうにもできなかっ…
コメント:2

続きを読むread more

線路に挟まれた家

読売新聞に、鹿児島の線路に挟まれた立地の家の記事が出ています。そういえば、南鹿児島駅のあたりは専用軌道の市電と指宿枕崎線が並走しているので、そういう家がありそうですね。こういう立地になった経緯は不明なんですね。 鹿児島市電は、今は涙橋-南鹿児島駅前の間で路面軌道から専用軌道に入っています。南鹿児島駅前から南端の谷山までは専用軌道を…
コメント:2

続きを読むread more

鄭州地下鉄浸水

中国・河南省で洪水が起きていて、鄭州地下鉄に水が流れ込んで死者が出ているそうです。これは恐ろしいですね。 地下鉄においては浸水対策は非常に重要なはずで、東京だと東西線のように低い土地に建設された地下鉄だと、出入口をわざわざ高く造って、防水壁がなくてもすぐには浸水が起きないようにしてあります。すべての出入口に防水壁を取り付けられるよ…
コメント:3

続きを読むread more

大手私鉄から鉄道・運輸機構への出向

大手私鉄から鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)に技術者を出向させるそうです。これは面白い動きですね。 鉄道・運輸機構の鉄道関係の部門はもともと日本鉄道建設公団でしたし、国鉄系の影響が濃い組織です。そのためか、JRからの出向は結構話を聞いたことがあります。しかし今回は、COVID-19問題の影響で新規の投資が削減されて…
コメント:0

続きを読むread more